FOLLOW US

Jリーグベストイレブンが発表! 初優勝神戸、浦和から最多4名選出…唯一の連続受賞は脇坂泰斗

2023.12.05

 2023Jリーグアウォーズが5日に開催され、今シーズンのJリーグベストイレブンに輝いた11名の選手が発表された。

 Jリーグ参入27年目にして、史上11クラブ目となる明治安田生命J1リーグ優勝を果たしたヴィッセル神戸からは、最多タイとなる4名が選出。全34試合の出場で22ゴールを挙げて得点王に輝いたFW大迫勇也を筆頭に、DF酒井高徳、MF山口蛍、FW武藤嘉紀がベストイレブン入りを果たした。酒井は初受賞、山口は6年ぶり3度目、大迫は10年ぶり2度目、武藤は9年ぶり2度目の受賞となっている。


 神戸と並び、最多4名が選ばれたのは浦和レッズ。リーグ最少の失点数「27」に貢献したGK西川周作が7年ぶり6度目の受賞を果たしており、西川とともに“鉄壁のセンターライン”を構築したDFアレクサンダー・ショルツ、DFマリウス・ホイブラーテンが初の栄誉に輝いた。日本代表としても活躍するMF伊藤敦樹も初受賞を果たしている。

 神戸に次ぐ2位で終えた横浜F・マリノスからは、22ゴールを挙げて大迫とともに得点王に輝いたFWアンデルソン・ロペスがベストイレブン入り。飛躍の1年を過ごしたセレッソ大阪のDF毎熊晟矢も初の受賞となっている。また、川崎フロンターレのMF脇坂泰斗は今年のベストイレブンの中で唯一の連続受賞を果たした。

 今シーズンのベストイレブンは下記の通り。

■2023シーズン Jリーグベストイレブン

▼GK
西川周作浦和レッズ)/34試合出場/7年ぶり6度目

▼DF
アレクサンダー・ショルツ浦和レッズ)/34試合出場7得点/初受賞
マリウス・ホイブラーテン浦和レッズ)/33試合出場1得点/初受賞
毎熊晟矢セレッソ大阪)/31試合出場1得点/初受賞
酒井高徳ヴィッセル神戸)/29試合出場2得点/初受賞

▼MF
伊藤敦樹浦和レッズ)/33試合出場2得点/初受賞
脇坂泰斗川崎フロンターレ)30試合出場9得点/3年連続3度目
山口蛍ヴィッセル神戸)/32試合出場4得点/6年ぶり3度目

▼FW
アンデルソン・ロペス横浜F・マリノス)/34試合出場22得点/初受賞
大迫勇也ヴィッセル神戸)/34試合出場22得点/10年ぶり2度目
武藤嘉紀ヴィッセル神戸)/34試合出場10得点/9年ぶり2度目

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングなど、サッカーにまつわるあらゆる情報を提供している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING西川周作のニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO