FOLLOW US

三笘薫、今季初得点に2戦連続アシスト! ブライトン、ウルブスに4発大勝でプレミア2連勝

2023.08.20

三笘薫は1ゴール1アシストの活躍 [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第2節が19日に行われ、ブライトンウルヴァーハンプトン(ウルブス)が対戦した。

 ロベルト・ゼ・デルビ体制2年目を迎えるブライトンは、初陣で昇格組のルートンをホームで対戦。前半に三笘薫のアシストからソリー・マーチが先制点を挙げると、後半にも一挙3得点を記録し、終わってみれば4-1と大勝を飾っていた。2連勝を目指す第2節では、ウルブスの本拠地『モリニュー・スタジアム』に乗り込む。ウルブスは14日に行われたマンチェスター・ユナイテッドとの一戦を0-1で落としたものの、鋭いカウンター攻撃を随所に見せ、マンチェスター・ユナイテッド相手に一歩も引けを取らない戦いを披露していた。

 デ・ゼルビ監督は開幕戦からスターティングメンバー3名を入れ替え。三笘は左サイドの2列目で2試合連続の先発に名を連ねた。対するウルブスのスタメンには、マックス・キルマン、マテウス・ヌネス、マテウス・クーニャらが並んだ。

 試合は立ち上がりからブライトンがゴールを脅かす場面を増やしていくと、15分に“この選手”が魅せる。左サイド高い位置でボールを持った三笘がドリブルをスタート。カットインから2人を置き去りにすると、寄せてきたキルマンもさらにかわしてペナルティエリアに侵入し、冷静にゴールネットを揺らした。三笘の技あり弾は今季プレミアリーグ初ゴールとなり、ブライトンが先手を取っている。

 その後は両者チャンスを作り、29分にはウルブスのファビオ・シルヴァがGKと1対1のチャンスを迎えたものの、GKジェイソン・スティールが好セーブを見せる。前半はこれ以上ゴールネットは揺れず、ブライトンの1点リードでハーフタイムに突入した。

 後半に入ると早速試合が動く。46分、右サイド開いた位置で前を向いたソリー・マーチが浮き球のボールを供給すると、抜け出したダニー・ウェルベックが右足を振り抜く。この一撃はGKジョゼ・サに弾かれたものの、こぼれ球を狙っていた三笘がマイナスへ折り返し、最後はペルビス・エストゥピニャンが押し込んだ。ブライトンが後半の立ち上がりにリードを広げている。

 勢いに乗ったブライトンは51分、左サイドを抜け出したフリオ・エンシソが右足アウトサイド放ったクロスボールからマーチが左足の一撃を叩き込み、勝負を決める3点目を記録。続く55分にも、今度は右サイドに流れたエンシソのクロスボールからマーチがゴールネットを揺らし、ブライトンがリードを広げた。

 苦しいホーム開幕戦となったウルブスは61分、右コーナーキックからファン・ヒチャンがヘディングシュートを沈め、1点を返す。その後もクーニャやサラビアがゴールに迫るシーンを作ったものの、これ以上点差を縮めることはできない。後半アディショナルタイムにはマテウス・ヌネスが退場処分を受け、万事休す。試合はこのままタイムアップを迎えた。

 ブライトンはこれでプレミアリーグ2連勝と絶好のスタートに。三笘は81分までプレーしている。一方のウルブスは内容面では悪くない試合が続いているものの、苦しい2連敗スタートとなった。

 次節は26日に行われ、ブライトンはホームでウェストハムと、ウルブスは敵地でエヴァートンと、それぞれ対戦する。

【スコア】
ウルヴァーハンプトン 1-4 ブライトン

【得点者】
0-1 15分 三笘薫ブライトン
0-2 46分 ペルビス・エストゥピニャンブライトン
0-3 51分 ソリー・マーチブライトン
0-4 55分 ソリー・マーチブライトン
1-4 61分 ファン・ヒチャンウルヴァーハンプトン

ペルビス・エストゥピニャンの関連記事

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

RANKINGペルビス・エストゥピニャンのニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO