FOLLOW US

中国代表やインドネシア代表などの最終予選進出が決定! タイ代表は“直接対決の成績”により無念の敗退/W杯アジア2次予選

2024.06.12

最終予選進出を決めたインドネシア代表(左)と2次予選敗退が決まったタイ代表(右)[写真]=Getty Images

 FIFAワールドカップ26アジア2次予選兼AFCアジアカップサウジアラビア2027予選第6節(最終節)の7試合が11日に各地で行われた。

 グループBでは、すでに3次予選(最終予選)への進出を決めている首位の日本代表が、ホームで2位のシリア代表と対戦。13分に上田綺世の得点で日本代表が先制すると、前半だけで3点のリードを奪い、最終的に5-0の大勝を収めて2次予選全勝を達成した。4位のミャンマー代表と激突した3位の北朝鮮代表は、4-1の勝利を飾り3ポイントの上積みに成功。シリア代表を最終節でかわして2位に浮上し、逆転での4大会ぶりとなる2次予選突破を決めている。

 グループCでは、ここまで4勝1分と無敗を維持する首位の韓国代表が、2位の中国代表と対戦。最終予選進出を確定させている韓国代表は、61分にイ・ガンインが挙げた先制点が決勝ゴールとなり、1-0で白星を獲得。敗れた中国代表は、シンガポール代表に勝利したタイ代表から勝ち点、得失点、総得点で並ばれたものの、直接対決の成績により最終予選へと駒を進めた。

 グループDでは、3位のマレーシア代表がホームで4位の台湾代表を迎え撃った。試合は20分に台湾代表が先制するが、後半にマレーシア代表が3点を奪って逆転勝利。台湾代表が全敗での予選敗退となった一方、マレーシア代表は12日に行われるオマーン代表vsキルギス代表の一戦で、キルギス代表が7点差以上で敗戦を喫した場合のみ、最終予選への進出が決まる。

 グループFでは、2位のインドネシア代表が4位のフィリピン代表と対戦。前半からシュート本数で圧倒するなど、終始ゲームを優位に進めたインドネシア代表が2-0の完勝を収め、2次予選突破を果たした。グループIでは、ともに最終予選進出を確定させているオーストラリア代表とパレスチナ代表が激突。オーストラリア代表が5-0で大勝し、2次予選全勝を達成した。

今節の試合結果と順位表は下記の通り。

■試合結果

▼グループB
日本代表 5-0 シリア代表

北朝鮮代表 4-1 ミャンマー代表

▼グループC
韓国代表 1-0 中国代表

タイ代表 3-1 シンガポール代表

▼グループD
マレーシア代表 3-1 台湾代表

▼グループF
インドネシア代表 2-0 フィリピン代表

▼グループI
オーストラリア代表 5-0 パレスチナ代表


■順位表

※()内は勝ち点/得失点差
※○は最終予選進出国

▼グループB
1位 日本(18/+24)○
2位 北朝鮮(9/+4)○
3位 シリア(7/-3)
4位 ミャンマー(1/-25)
※全チームが全試合消化

▼グループC
1位 韓国(16/+19)○
2位 中国(8/0)○
3位 タイ(8/0)
4位 シンガポール(1/-19)
※全チームが全試合消化

▼グループD
1位 オマーン(12/+9)○ ※1試合未消化
2位 キルギス(10/+6)※1試合未消化
3位 マレーシア(10/0)
4位 台湾(0/-15)

▼グループF
1位 イラク(15/+13)○ ※1試合未消化
2位 インドネシア(10/0)○
3位 ベトナム(6/-2)※1試合未消化
4位 フィリピン(1/-11)

▼グループI
1位 オーストラリア(18/+22)○
2位 パレスチナ(8/0)○
3位 レバノン(3/-7)※1試合未消化
4位 バングラディッシュ(1/-15)※1試合未消化

上田綺世の関連記事

【PR】「DMM×DAZNホーダイ」で
日本代表を応援!

「DMM×DAZNホーダイ」とは、DMMプレミアムとDAZN Standardをセットで利用できるプラン。

単体契約ならDMMプレミアム月額550円(税込)、DAZN Standard月額4,200円(税込)のところ、本プランなら月額3,480円(税込)だからとってもお得です。

  1. 「DMM×DAZNホーダイ」なら単体契約より月額1,270円(税込)も安い!
  2. DAZNだけの契約と比較しても月額720円(税込)お得に楽しめる!
  3. 新規入会月から最大3カ月間、「DMMポイント」を550ポイント付与!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

RANKING上田綺世のニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO