FOLLOW US

日本代表は5発大勝も、右SBでフル出場の毎熊晟矢は課題を口に「もっと得点に絡まないと…」

2023.11.16

右SBとしてフル出場した毎熊晟矢 [写真]=金田慎平

 FIFAワールドカップ26アジア2次予選兼AFCアジアカップサウジアラビア2027予選が16日に開幕。日本代表はホームでミャンマー代表と対戦し、5-0で勝利した。試合後、毎熊晟矢(セレッソ大阪)が『ABEMA』で影山優佳さんからインタビューを受けた。

 試合は立ち上がりから日本代表が主導権を握る展開となり、11分には敵陣中央でボールを持った南野拓実(モナコ/フランス)からの浮き球パスを、ボックス内へ走り込んだ上田綺世(フェイエノールト/オランダ)が頭で沈め、日本代表が先手を取る。28分には鎌田大地(ラツィオ)が左足で豪快なミドルシュートを叩き込むと、前半アディショナルタイムにも堂安律(フライブルク/ドイツ)からのスルーパスで上田が得点。後半の立ち上がりに南野のスルーパスから上田がハットトリック達成となるゴールを挙げると、86分にも堂安がダメ押し弾を決め、終わってみれば5-0と圧勝した。

 この試合、右サイドバックのポジションでフル出場した毎熊は、試合前の段階から「自分たちがボールを持つ展開になるという予想はできていました」と明かす。「自分の攻撃のアイデアでアクセントを付けられたらなと思っていましたが、なかなか得点に絡むことはできなかったので、そこは反省として次に繋げたいと思います」と、個人としての課題を口にした。

 試合中には堂安を筆頭に周囲の選手との良い連携を見せたシーンもあったが、毎熊は「常に律を見てオーバーラップするというのは、試合前から話していたことでした」と話す。「相手の形を見ながら2人で話して、自分がサイドで高い位置を取って、律には中には入ってもらう方が良いという判断になりました。そこの連携はうまくできたかなと思います」と胸を張った。

 一方、ミャンマーの引いた守備を前に、毎熊の持ち味の1つでもある良いタイミングでのスペースへの侵入は鳴りを潜めた。今日の課題を踏まえて「やはり、攻撃で様々なアイデアを出し、ペナルティエリア内に侵入する回数も質も増やしていきたいです」と語った毎熊は、今後の戦いへ向けて「もっと得点に絡まないといけないなと思うので、1番はそこにフォーカスして頑張りたいと思います」と意気込んだ。

 この後、日本代表はサウジアラビアのジッダへ移動する。21日の17:45(日本時間23:45)には、中立地の『プリンス・アブドゥッラー・アル・ファイサル・スタジアム』でシリア代表と対戦予定だ。

【PR】「DMM×DAZNホーダイ」で
U−23日本代表を応援!

「DMM×DAZNホーダイ」とは、DMMプレミアムとDAZN Standardをセットで利用できるプラン。

単体契約ならDMMプレミアム月額550円(税込)、DAZN Standard月額4,200円(税込)のところ、本プランなら月額3,480円(税込)だからとってもお得です。

  1. 「DMM×DAZNホーダイ」なら単体契約より月額1,270円(税込)も安い!
  2. DAZNだけの契約と比較しても月額720円(税込)お得に楽しめる!
  3. 新規入会月から最大3カ月間、「DMMポイント」を550ポイント付与!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングなど、サッカーにまつわるあらゆる情報を提供している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING毎熊晟矢のニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO