FOLLOW US

日本代表の快勝を堂安律が締めくくる! かつての本拠地で凱旋弾に「もちろん感慨深いものがあります」

チーム5点目を決めた堂安律[写真=兼子愼一郎]

 日本代表は16日に行われた『FIFAワールドカップ26アジア2次予選 兼 AFCアジアカップサウジアラビア2027予選』でミャンマー代表と対戦し、上田綺世のハットトリックなどで5-0で勝利。試合後、チームの5点目を決めたMF堂安律(フライブルク/ドイツ)がフラッシュインタビューに応じ、自身のゴールを振り返った。

 右サイドで先発した堂安は86分、守田英正からの浮き球パスをボックス右で冷静にコントロールし、左足に持ち替えてシュートを流し込んだ。かつての本拠地でもあるパナソニックスタジアム吹田での凱旋弾を決めたことについて、堂安は「もちろん感慨深いものがありますし、たくさんのガンバ大阪のサポーターも来てくれていると思うので嬉しく思います」と笑顔を見せた。

 前半から何度となくゴールに迫り、クロスバーに嫌われる場面もありながら果敢に得点を狙い続けたことに関しては、「ゴールはオフェンス陣にとって一番うれしいことなので狙っていましたし、ただチームがこうして勝てたことが一番うれしいです」と振り返り、アジア予選の開幕戦でチームが勝ち点3を加えられたことを素直に喜んだ。

 また、次戦のシリア代表戦に向けては、「厳しい戦いが続くと思うので、気を引き締めてしっかり準備したいと思います」と口元を引き締めた。次戦は11月21日(火)、23時45分から中立地のサウジアラビアにてシリア代表と対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO