FOLLOW US

“最下位脱出”の湘南が2冠! 10月度のJ1月間MVPはGK富居大樹、監督賞は山口智監督に決定

10月度の月間MVPに輝いたGK富居大樹 [写真]=J.LEAGUE via Getty Images

 Jリーグは14日、10月度の「2023明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP」、「2023明治安田生命JリーグKONAMI月間ベストゴール」、「月間優秀監督賞」を発表した。

 J1リーグの月間MVPは、湘南ベルマーレに所属するGK富居大樹が受賞した。10月に行われたリーグ戦全3試合に出場すると、セーブ率は驚異の92.9パーセントを記録。チームも3試合で勝ち点7の上積みに成功し、J2自動降格となる最下位を脱出している。好守を連発した同選手について、Jリーグ選考委員会の北條聡委員は「湘南の守護神が圧巻のパフォーマンス。3試合でわずか1失点がその証。息を呑むような神セーブを連発し、10月無敗の立役者に」と絶賛している。

 富居は受賞に際し、「明治安田生命J1リーグ10月の月間MVPに選んでいただき、ありがとうございます。湘南ベルマーレの選手として、このような賞をいただくことができ大変嬉しく光栄に思います。この賞は、僕一人の力で得られるものではなく、チームメイト、監督、コーチ、チームスタッフ、そして何よりいつも一緒に戦ってくれているファン・サポーターの皆さまのおかげだと思っています。残りのシーズンも僅かですが、湘南ベルマーレに携わるすべての方と、最後に笑って終われるよう、日々たのしみながら精進したいと思います」とコメントを残した。

 J2リーグの月間MVPは、FC町田ゼルビアに所属するMF宇野禅斗が受賞した。クラブ史上初のJ2優勝およびJ1昇格を手繰り寄せるゴールを挙げるなど、出場した4試合で3得点を記録。寺嶋朋也委員は「シーズン終盤に定位置奪取。昇格を決めるプレッシャーの中で、終盤で覚醒した。第38節甲府戦で起死回生の同点ゴール、第39節・熊本戦ではJ1昇格を手繰り寄せるゴールと得点能力も開花した」と賛辞を送っている。

 宇野は受賞に際し、「この数多くの素晴らしい選手たちの集まるJ2リーグでKONAMI月間MVPという特別な賞を受賞できたこと大変光栄に思います。チームメイト、チームスタッフ、ファン・サポーターの皆さま、沢山の方に支えられ受賞することができました。本当に感謝したいです。ありがとうございます」とコメントを残した。

 J3リーグの月間MVPは、鹿児島ユナイテッドFCに所属するFW米澤令衣が受賞した。10月に行われた5試合に出場し4得点1アシストを記録した同選手は受賞に際し、「このような素晴らしい賞を受賞できたことを嬉しく思います。昨シーズンに膝の大怪我をしてからたくさんの方々にリハビリのサポートをしていただき、もう一度ピッチでプレーできるようになりました。まずはサポートしてくれた方達に感謝したいです。そして、チームとしての結果も出ていたからこの賞をとれたと思うのでチームメイト、スタッフ、ファン・サポーターの方たちにも感謝の気持ちでいっぱいです。また賞をとれるようにサッカーができる喜びをかみしめながら頑張っていきたいと思います」とコメントを残した。

 また、各リーグのベストゴールも発表。J1は、FC東京に所属するMF俵積田晃太の第29節ガンバ大阪戦でのドリブルからフィニッシュまで独りでやり切った“ソロゴール”が受賞した。同選手は「10月の明治安田生命J1リーグ KONAMI月間ベストゴールに選んでいただけたことを本当に嬉しく思いますし、何よりも自分が一番驚いています。みなさんの記憶に残り、チームの勝利に繋がるゴールをこれからも積み重ねていきたいと思います。ここからさらに良いプレーを続けていかなければ、ファン・サポーターのみなさんをはじめ、サッカーファンの方々に認めてもらえないと思っているので、この賞をいただけたことに満足することなく、挑戦し続けていきます。U-15から青赤を背負ってプレーしてきました。こうしてトップチームの選手として戦えることの喜びとアカデミー出身選手としての誇りを胸に、東京の“星”となれるように頑張ります」と告白。さらに、J2から藤枝MYFCに所属するFW中川風希の第40節水戸ホーリーホック戦のゴールが、J3からはAC長野パルセイロに所属するDF船橋勇真の第33節アスルクラロ沼津戦のゴールが、それぞれ選出されている。

 月間監督賞に輝いたのは、湘南ベルマーレを指揮する山口智監督だ。シーズン序盤戦から中盤戦かけてはリーグ戦15試合未勝利と苦しんだものの、10月は3試合で2勝1分と勝ち越しに成功。第18節以降沈んでいた最下位からも抜け出した同指揮官は「明治安田生命J1リーグ10月の月間優秀監督賞に選んでいただき大変光栄です。ありがとうございます。結果が出てない時も、選手をはじめチーム全員がしっかり向き合いトライし続けてくれたことの賜物だと思っています。残りの試合に向けても引き続き自分たちと向き合い、積み重ねていきたいと思います」と感謝。加えて、J2は東京ヴェルディの城福浩監督が、J3はY.S.C.C.横浜の倉貫一毅監督が、それぞれ受賞した。

■2023明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP
J1:富居大樹湘南ベルマーレ
J2:宇野禅斗FC町田ゼルビア
J3:米澤令衣鹿児島ユナイテッドFC

■2023明治安田生命Jリーグ 月間優秀監督賞
J1:山口智湘南ベルマーレ
J2:城福浩(東京ヴェルディ
J3:倉貫一毅(Y.S.C.C.横浜)

■2023明治安田生命Jリーグ KONAMI月間ベストゴール賞
J1:俵積田晃太FC東京
第29節 ガンバ大阪戦

J2:中川風希藤枝MYFC
第40節 水戸ホーリーホック戦

J3:船橋勇真AC長野パルセイロ
第33節 アスルクラロ沼津戦

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO