FOLLOW US

湘南が直接対決制してJ1残留決定! 柏は鳥栖とドロー、横浜FCは絶望的状況に

[写真]=J.LEAGUE via Getty Images

 明治安田生命J1リーグ第33節が25日に行われた。

 最下位の横浜FCは、勝ち点差「2」の17位湘南ベルマーレと激突。湘南と勝ち点「31」で並ぶ16位の柏レイソルは、ホームにサガン鳥栖を迎えた。横浜FCは、勝てば最下位から脱出できるが、敗戦かつ柏の勝利で降格が決定する状況で運命の“神奈川ダービー”を迎えた。

横浜FC 0-1 湘南ベルマーレ

[写真]=清原茂樹


 横浜FCは前半何度かゴールに迫ったものの、先制点を奪えずにスコアレスで後半へ。すると後半開始早々の49分、湘南がセットプレーの流れで先手を取る。池田昌生が放ったミドルシュートは相手GKに防がれたものの、ゴール前の大岩一貴がこぼれ球を押し込んだ。

 追いかける展開となった横浜FCは最後まで1点が遠く、0-1で敗戦。直接対決を制した湘南は、文句なしの残留決定となった。

柏レイソル 2-2 サガン鳥栖

 試合の均衡が破れたのは4分、ゴール前のこぼれ球を富樫敬真が押し込み、鳥栖が先制に成功する。

 柏は34分に試合を振り出しに戻す。敵陣で相手のパスをカットした山田雄士が右サイドからクロスを送り、マテウス・サヴィオが頭で合わせて押し込んだ。さらに38分、M・サヴィオのスルーパスに抜け出した細谷真大が左足で流し込み、柏は逆転して後半を迎える。

 67分、鳥栖が試合を振り出しに戻す。左サイドから横山歩夢がインスイングのクロスを送り、ゴール前に飛び込んだ長沼洋一が頭で押し込んだ。試合はこのまま終了し、2-2のドローで終わった。

 この結果、横浜FCの最下位は変わらず、柏は17位に転落した。ただ、柏と横浜FCの勝ち点差は「3」、得失点差は柏が「-14」、横浜FCが「-26」となっており、横浜FCの逆転残留には最終節での“奇跡”が必要な状況となった。

 最終節は12月3日に行われ、横浜FCは鹿島アントラーズ、柏は名古屋グランパスと対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO