2014.01.16

高木善朗が清水エスパルスへの移籍を決断した理由とは?

高木善朗
ユトレヒトから清水エスパルスへ移籍した高木善朗 写真=新井賢一

オランダのユトレヒトから清水エスパルスへの移籍を決めた高木善朗。スピーディーなドリブルや絶妙なスルーパスで決定機を演出する次代の司令塔が、インタビューで日本に新天地を求めた理由を明かした。

――清水エスパルスに移籍した経緯やきっかけを教えてください。

高木善朗 海外でプレーしている中であまり思い通りにいかないことが多くて。試合には途中出場で結構出させてもらっていたんですけど、まだまだ若いんでもっと試合に出て長い時間プレーしたかったんです。それで移籍しようと思いました。きっかけというか、やっぱりもっとプレーしたいっていう思いが強かったので。

――海外でプレーしてみて、改めてJリーグにはどんな印象をお持ちですか?

高木善朗 リーグというか選手で言えば、日本人は技術やキック精度が高いなっていう印象があります。

――では清水にはどんなイメージを持っていますか?

高木善朗 若い選手が多いですよね。エスパルスを選んだ理由としては、若いチームなので勢いに乗ったらタイトルを狙えるんじゃないかなと思い、その中に自分が入ったらもっと面白くなりそうだと思ったので行くことに決めました。

――実際に試合を見たりしていたのですか?

高木善朗 兄(高木俊幸)がいることもあって試合に何回か行かせてもらいました。あとはハイライトとかですけど、映像も海外で見てましたね。特徴としては4-3-3で戦っていてオランダのサッカーに似ている印象があります。プレースピードが速くてドリブル突破ができるウイングがいて、見ていて面白いサッカーだと思います。

――清水では実兄の高木俊幸選手と再びプレーすることになります。どんなプレーを見せてくれますか?

高木善朗 イメージは僕が中央で相手選手を引き付けてパスを出す。そうすれば、もっともっと楽に兄が点を取れるんじゃないかなと思います。

――Jリーグで対戦してみたい選手は?

高木善朗 一番対戦してみたかったのは兄なんですけど、同じチームなので(笑)。あとはガンバ大阪の宇佐美(貴史)選手ですね。アンダー世代の日本代表でも一緒にプレーしていて同じ時期に海外に行って、だいたい同じ時期に帰って来たので、お互いどれだけ成長したかを見てみたいですし、お互い苦労してきたことは知っているので、そういう意味でも対戦するのが楽しみですね。

――清水でタイトルを取るためにチームと個人でどんなことが必要だと思いますか?

高木善朗 個人的には得点に直結する仕事をすることですね。アシストとかゴールとか。チームに必要なことは一体感だと思います。若手が多いのでみんなで同じ方向を向いて、みんなで成長していければ、もっといいチームになってタイトルも狙えるんじゃないかなと思います。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る