FOLLOW US

高木豊氏、息子2人在籍する清水の監督交代に言及「激震が走った」

ともに清水に在籍する俊幸(左)と善朗(右) [写真]=Getty Images

 清水エスパルスは30日、アフシン・ゴトビ監督を29日付けで解任し、後任にユース監督の大榎克己氏が就任すると発表した。

 クラブの発表を受け、元プロ野球選手の高木豊氏が自身のブログを更新。清水には長男の俊幸と次男の善朗が所属していることもあり、解任のニュースについて「朝刊に目を通すと、俺の中に激震が走る記事が飛び込んできた」とつづった。

「大人と言うのは、少しずつ夢を削りながら前に進んでいるが、夢の途中での解任は辛いだろう」とゴトビ監督の心情を慮るとともに、2人の息子に関する感謝の思いも明かした。

「俊幸とは、同年に入団、清水にはお世話になる。初年度は、途中出場が多かった! 徐々にスタートで使われだし、レギュラーにまでしてもらえた。先日、J 100試合出場の表彰もしてもらい、ゴトビ監督には感謝しなければならない。また、善朗も、オランダから呼んでもらい、戦力として仲間に入れてもらったことにも、お礼を言わなくてはいけない」

「まだ、ゴトビ監督は若い! 新たな夢に向かって、頑張って欲しいものだ。ひとまずだが、お疲れ様でした」とエールを贈った高木氏は、後任の大榎新監督にも言及。テレビで一度共演していることもあり、「言葉を大切にし、内に秘めた闘志が感じられる人だった。また、どんな話にも冷静に対処し、監督としての資質の一つ、常に、冷静沈着とした姿勢を保てる人だと、感じた事を覚えている」という印象を明かしている。

 高木氏は監督交代に関し、「どんな形にせよ、人が去ることは寂しいものだ。しかし、勝負の世界、感傷に浸っている暇はなく、新たな戦いに挑んで行かなくてはならない」という考えとともに、「シーズン途中での指揮を取ることになった、大榎監督。大変だと思うが、期待している」と続け、ブログを締めくくった。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA