FOLLOW US

天皇杯決勝は三冠目指すG大阪と初ファイナル進出の山形の対戦に

2得点を挙げたパトリック [写真]=兼子愼一郎

 天皇杯準決勝が26日に各地で行われた。

 雨の降る味の素スタジアムで行われた、J1優勝争いをするガンバ大阪とJ1残留争いをする清水エスパルスによる一戦。試合は開始9分に動く。G大阪はゴール正面やや左の位置から宇佐美貴史が低い弾道のミドルシュートを放つと、ボールはGK櫛引政敏の正面へ飛んだが、櫛引がファンブル。そのままゴールインし、G大阪が先制する。

 さらにG大阪は5分後、左CKを獲得すると、遠藤保仁が送ったボールをニアサイドのパトリックがバックヘッド。これがネットに吸い込まれて追加点が生まれる。しかし清水も20分、金子翔太のパスがDFに当たって加賀美翔の下へこぼれ、振り向きざまにシュートすると、今野泰幸の足に当たりコースが変わって1点を返す。

 勢いに乗った清水は24分にも、自陣高い位置で石毛秀樹が今野からボールを奪ってカウンター。村田和哉につながると最後はスルーパスを高木善朗が流し込んで、あっという間に同点とした。しかし試合は前半にまだ動く。37分、G大阪は倉田秋が左サイドからクロスを送るとパトリックがヘディングで合わせて勝ち越しに成功する。

 後半に入って72分、G大阪はロングボールをパトリックが落とすと、宇佐美がGK櫛引の位置を見てループシュートを選択。鮮やかな弧を描いたボールはクロスバーの下に当たってゴールに吸い込まれ、リードを広げた。85分にはリンスがとどめとなるチーム5点目を獲得。G大阪が5-2で勝利した。

 また、ヤンマースタジアム長居で行われた準決勝もう1試合は、J1昇格を懸けたプレーオフに進出しているジェフユナイテッド千葉モンテディオ山形のJ2勢同士による戦い。

 開始2分、山形は左サイドからのクロスボールを山田拓巳がヘディングで折り返すとゴール前でつめた山崎雅人が先制点を決める。一方の千葉も23分、CKから竹内彬が同点ゴールを奪ったが、山形は33分、石川竜也の右CKをニアサイドのキム・ボムヨンが頭で合わせて勝ち越しに成功した。

 1点ビハインドで後半に入った千葉は55分、谷澤達也の得点で試合を振り出しに戻したが、山形は71分に川西翔太のスルーパスから山田がゴールを決め、再び勝ち越し。これが決勝点となり、山形が3-2で勝利した。

 この結果、12月13日に日産スタジアムで行われる決勝戦は、2009年以来3度目となる同大会優勝と今季の三冠を狙うG大阪と、1999年のJリーグ加盟以降、初の決勝進出となった山形の対戦となった。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO