FOLLOW US

自分のお金にしか興味がない人たちが…リチャーリソンがピッチ外での問題を告白

2023.09.13

ピッチ外で問題を抱えていたことを告白したリチャーリソン[写真]=Getty Images

 トッテナム所属のブラジル代表FWリチャーリソンが最近の不調の原因を告白したと、13日、ブラジルメディアの『グローボ・エスポルチ』が報じた。

 リチャーリソンは昨シーズン加入したトッテナムで公式戦40試合に出場し4ゴールと低調で、ブラジル代表でも8日の「FIFAワールドカップ2026南米予選」第1節ホームでのボリビア戦(5-1でブラジルが勝利)で決定機を逃し、12日の同予選第2節アウェイでのペルー戦(0-1でブラジルが勝利)でもVARでゴールを取り消されるなどゴールから見放されている。

 そんなリチャーリソンを悩ませていたのは“ゴール不足”だけでなかったようだ。ペルー戦を終えたリチャーリソンは「ピッチ内の自分は、できる限りチームを助けようとプレーする幸せな男だ。人々が期待するようにいかないときもあったけど、ピッチ外のことが自分の足を引っ張ったと思う。正しく物事を進めようと思っても、結果として間違ってしまうことがある。けど嵐は去ったよ。今はクラブに集中したいと思う」と語り、サッカー以外の部分で問題を抱えていたことを示唆した。

 さらにリチャーリソンは「この5カ月間、ピッチ外で激しいうねりの中を生きてきた。けど、今は物事が順調に進んでいる。自分のお金にしか興味がない人たちは去ったんだ。これから物事は良い方向に流れ出すだろうし、トッテナムで活躍して状況を好転させられると確信している」と説明した。

 リチャーリソンは最近、キャリア初期から付き合いのある代理人との関係を解消しており、一連の発言はこのことが関係していると見られている。

 また、リチャーリソンは「イングランドに戻り、自分の心を整えるために心理学者の助けを求めるつもりだよ。 そして、もっと強くなってブラジル代表に戻ってくるんだ。次も代表に招集されると信じているし、そのために頑張る。 トッテナムで良いパフォーマンスを継続することが大事だ。今週クラブの人たちと色々と話し合うつもりだよ」と話し、心理的なサポートも受け、再起することを誓った。

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングなど、サッカーにまつわるあらゆる情報を提供している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKINGリシャルリソンのニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO