FOLLOW US

プレミアリーグ得点王争いはケイン移籍でハーランドの一強か…対抗馬に挙がるのは?

2023.08.16

今季プレミアリーグ得点王候補に挙げられる選手たち [写真]=Getty Images

 イングランド代表FWハリー・ケイン(30歳)がトッテナムからバイエルンに移籍したことで、プレミアリーグとブンデスリーガの両リーグの得点王争いに影響が出そうだ。

 ケインはトッテナム時代にプレミアリーグで9シーズン連続15ゴール以上をマークし、リーグ通算317試合で213ゴールを叩き出した。過去に3度もプレミアリーグ得点王に輝いているケインは、同リーグの歴代得点ランクでイングランドの英雄アラン・シアラー氏(260ゴール)に次ぐ2位につけている。そんな選手が去ったことで、プレミアリーグの得点王争いがどう変化するのか見てみよう。

[写真]=Getty Images

■本命

Erling Braut Håland

 得点王の大本命は衝撃のデビューシーズンが記憶に新しいFWアーリング・ハーランドである。マンチェスター・シティが誇るノルウェーの怪物は、加入1年目の昨シーズンに公式戦53試合で52ゴールをマークし、プレミアリーグでも1シーズンの最多ゴール記録となる36ゴールを稼いで得点王に輝いた。

 今シーズンのバーンリーとの開幕戦でも前半のうちにいきなり2ゴール。昨シーズンの終盤からシティでの公式戦では6試合もゴールから遠ざかっていただけに安堵したことだろう。昨シーズンのリーグ戦ではボールタッチ数23.1毎に1ゴールを決めていたハーランドだが、バーンリー戦では22タッチで2ゴール。昨シーズン以上のゴール数が期待できるかもしれない。

 昨シーズンは28.66のゴール期待値(xG)で36ゴールを叩き出しており「7.34ゴール」も余分に稼いだ計算になる。昨季プレミアリーグでハーランドよりも、実際のゴール数がxGを大きく上回った選手は一人しかいなかった。それがケインなのだ。イングランド代表キャプテンは21.46のxGで30ゴールを生み出しており「8.54ゴール」もxGを超えていたのだ。

 そのケインが去ったことで、プレミアリーグの得点王争いは完全に一強時代を迎えると見られている。英国ブックメーカー『ウィリアムヒル』の得点王オッズを見ても、開幕前は本命のハーランドが1.61倍で、ケインが2番手の8倍、3番手にモハメド・サラー(9倍)が着けていたが、今は一桁の倍率が付いているのはハーランド(1.4倍)だけとなっている…。

■対抗馬

モハメド・サラー

 ケインが去った今、ハーランドを脅かせる対抗馬はリヴァプールのエジプト代表FWサラーくらいだ。ケインと並び3度(2017-18、2018-19、2021-22)のプレミアリーグ得点王という実績を誇るスピードスターは、先週末のチェルシー戦でネットを揺らすもVAR検証でオフサイドの判定。さらに右足のシュートがゴールの枠に嫌われるシーンもあって得点は奪えなかったが、見事なアシストでルイス・ディアスのゴールを演出し、きっちりと仕事をした。

 昨シーズンはチームの不調もあって苦しんだように思えたが、それでも終わってみればハーランドとケインに次ぐリーグ戦19ゴール。ただし、公式戦44ゴールを叩き出した加入1年目(2017-18シーズン)のような決定力を発揮できなかったのも事実。xGだけを見ればケインと変わらなかったが、実際のゴール数ではケインを11ゴールも下回ったのである。

 サラーはハーランドの最大の好敵手になると見られているが、問題はリヴァプールの豊富なアタッカー陣だろう。ダルウィン・ヌニェス、ディオゴ・ジョッタ、コーディ・ガクポ、ルイス・ディアスもいるため、ゴール数を分け合ってしまう可能性があるのだ。ちなみに、ウルグアイ代表FWヌニェスも評価が高いようで『ウィリアムヒル』の得点王オッズでは21倍の3位タイにつけている。

■ダークホース

アレクサンデル・イサク

 アラン・シアラー氏以来26年ぶりにニューカッスルから得点王が誕生する可能性はあるだろうか? 先週末の開幕節で大きなインパクトを残したのがニューカッスルのスウェーデン代表FWアレクサンデル・イサクである。アストン・ヴィラを相手に味方の折り返しに合わせてゴールを奪うと、後半には敵DFからボールを奪って慌てて飛び出してきたGKをあざ笑うかのようにチップシュートを決めた。開幕戦での2ゴールもあり、得点王オッズでは21倍の3位タイまで浮上している。

 加入1年目の昨季はケガがありながらプレミア初挑戦で堂々の10ゴール。シーズン終盤に左サイドで起用されるようになってからはゴールシーンが見られなかったが、今季開幕戦ではセンターフォワードで起用されて結果を残した。

 そのイサクに代わって途中出場したイングランド代表FWカラム・ウィルソンも初戦からゴールを決めている。ニューカッスルの背番号9は昨季プレミアで得点ランク5位の18ゴールを叩き出した。出場時間は計1887分だったため、90分毎のゴール数は「0.86」とハーランド(1.2)に次ぐ決定力を発揮していた。しかし、イサクとのポジション争いもあるため得点王は難しいようだ。

■ユナイテッド勢

マーカス・ラッシュフォード

 マンチェスター・ユナイテッドでは昨シーズンに復活を遂げたイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードに期待が集まる。若くしてブレークしたアタッカーは「フットボールは95%がメンタル面」と語り、スランプに陥った2021-22シーズンは「試合に集中できていなかった」というが、昨シーズンは見事な復活を果たして自己最多タイとなるリーグ戦17ゴールをマークした。公式戦30ゴールは、ユナイテッドでは2012-13シーズンのロビン・ファン・ペルシ氏以来のこと。今季はさらなる活躍も期待され、得点王オッズでは5位タイにつけている。

 そして移籍金7200万ポンド(約130億円)でアタランタから加入した新戦力のデンマーク代表FWラスムス・ホイルンド(20歳)も楽しみだ。昨シーズンはセリエAで32試合9ゴール。実績こそないがポテンシャルは申し分ない。ポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスからのパスをゴールにつなげるシーンが想像できる。現在、腰の問題を抱えており、14日の開幕戦を回避するなど少し出遅れそうだが大ブレークの可能性もあるだろう。

 そう考えると今季のプレミアリーグでは、194㎝のノルウェー怪物ハーランド、192㎝のスウェーデン代表FWイサク、そして191㎝のデンマークの新星ホイルンドという、北欧の巨神たちによる得点王争いが勃発するかも!?

■今季プレミアリーグ得点王オッズ(ウィリアムヒル社:8月15日)

1位 アーリング・ハーランドマンチェスター・シティ) 1.4倍
2位 モハメド・サラーリヴァプール) 10倍
3位 アレクサンデル・イサクニューカッスル) 21倍
3位 ダルウィン・ヌニェスリヴァプール) 21倍
5位 マーカス・ラッシュフォードマンチェスター・ユナイテッド) 26倍
5位 ソン・フンミントッテナム) 26倍
7位 ラスムス・ホイルンド(マンチェスター・ユナイテッド) 34倍
7位 リチャーリソン(トッテナム) 34倍
7位 ニコラス・ジャクソンチェルシー) 34倍
7位 オリー・ワトキンス(アストン・ヴィラ) 34倍
7位 エヴァン・ファーガソンブライトン) 34倍

(記事/Footmedia)

【PR】プレミアリーグ観るなら
U-NEXT「SPOTV NOWパック」で!

U-NEXTが提供する「SPOTV NOWパック」とは、U-NEXTと契約することでSPOTV NOWが視聴できるお得なプランになります。

U-NEXT「SPOTV NOW」パック

ポイント利用で実質月額800円に!

月額2,000円ですが、U-NEXT会員には毎月1,200ポイント(1,200円相当)が付与されるため、ポイント利用によってU-NEXTのコンテンツと合わせてお得に楽しむことができます。

プレミアリーグセリエAのほか、U-NEXTが提供するラ・リーガなど注目リーグの試合を視聴可能です。

  1. U-NEXTの「SPOTV NOWパック」なら広告なし! TV視聴も可能!
  2. 見放題のエンタメ作品数NO.1を誇るU-NEXTでプレミアリーグ&エンタメを堪能!
  3. U-NEXT&「SPOTV NOWパック」ではラ・リーガやセリエAなども楽しめる!

【PR】「ABEMA」なら
プレミアリーグが無料視聴可能!

ABEMA

「ABEMA」とは、好きな時間に好きな場所で、話題の動画を楽しめる新しい未来のテレビ。登録不要でプレミアリーグを含む様々なコンテンツが無料で視聴できます。

ただし、プレミアリーグの無料配信は一部(毎節3試合予定)のため、しっかり堪能するなら「ABEMAプレミアム」月額960円(税込)への加入がおすすめ。

  1. ABEMAプレミアムなら注目カードが確実に視聴可能!
  2. 追っかけ再生、見逃し配信などうれしい機能が充実!
  3. 初めてABEMAプレミアムに登録する方は2週間無料!

By Footmedia

「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

SHARE

RANKINGアーリング・ハーランドのニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO