FOLLOW US

レヴァークーゼンの躍進続く! 開幕後11戦で勝ち点「31」獲得…“ペップ・バイエルン”の記録に並ぶ

2023.11.13

好調を維持するレヴァークーゼン(画像は第7節)[写真]=Getty Images

 レヴァークーゼンの勢いが止まらない。就任2年目のシャビ・アロンソ監督が率いるチームは、センターフォワード(CF)の主力を張るナイジェリア代表FWヴィクター・ボニフェイスがここまでリーグ戦7ゴール5アシストと好調を維持し、“10番”を背負うドイツ代表MFフロリアン・ヴィルツも3ゴール5アシストと躍動。在籍3年目のアルゼンチン代表Mfエセキエル・パラシオスも中盤で存在感を放っている。

 さらに、スペイン人DFアレハンドロ・グリマルドやスイス代表MDグラニト・ジャカ、ドイツ代表MFヨナス・ホフマンといった新戦力もそれぞれの持ち味を発揮。既存戦力と新戦力が上手く融合したレヴァークーゼンは開幕3連勝とスタートダッシュに成功し、その後も順調に勝ち点を積み上げている。現地時間12日に行われた第11節ではウニオン・ベルリンを4-0で粉砕し、今シーズンの好調ぶりを改めて証明した。

 ここまで11試合を終えての戦績は10勝1分で、勝ち点を落としたのは第4節バイエルンとのアウェイゲームのみ。そのバイエルンを抑え、勝ち点「31」で首位に君臨しているレヴァークーゼンだが、今シーズンここまでの成績はブンデスリーガ史に残る好記録となっているようだ。データサイト『Opta』によると、リーグ開幕後の11試合で「31」ポイントを獲得したのは今シーズンのレヴァークーゼンが史上2チーム目とのこと。ジョゼップ・グアルディオラ監督(現:マンチェスター・シティ)が率いた2015-16シーズンのバイエルンと並び、ブンデスリーガにおける11節終了時点での最高勝ち点となっている。

 2015-16シーズンのバイエルンは12節以降も順調に勝ち星を積み重ね、最終的には28勝4分2敗・勝ち点「88」の成績でマイスターシャーレ(優勝チームに贈られるトロフィー)を獲得。2位のドルトムントに「10」ポイント差をつけての優勝劇だった。このシーズンも含め、ブンデスリーガは現在バイエルンが11連覇中。記録的な好スタートを切ったレヴァークーゼンは“絶対王者”の進撃を止めることができるのか。今後の戦いにも注目が集まる。

 なお、ウニオン・ベルリン戦後に記録について問われたシャビ・アロンソ監督は「記録を破ることは特別な目標ではなかった。それはパフォーマンスの結果だよ。選手たちを誇りに思う」とコメントしている。

【PR】欧州の強豪が来日!
EUROJAPAN CUP 2024チケット販売中!!

7月24日、EUROJAPAN CUP 2024でセレッソ大阪とボルシア・ドルトムントが対戦する。ボルシア・ドルトムントは7年ぶり4回目の来日だが、関西で試合を行うのは今回が初めてだ。また、迎え撃つセレッソ大阪には、かつてボルシア・ドルトムントでプレーした香川真司が在籍中。今夏注目の“夢の邂逅”を見逃すな!

  1. 今夏のアジアツアーにおいてボルシア・ドルトムントが日本で行う試合はこの1戦のみ
  2. お求めやすい価格設定! (例:カテゴリー5自由席 大人6900円・小中2500円)
  3. かつてボルシア・ドルトムントで活躍した香川真司が“古巣戦“に挑む!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

RANKINGレヴァークーゼンのニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO