FOLLOW US

首位レヴァークーゼンが8連勝! 代表帰りの伊藤洋輝や堂安律も先発出場/ブンデス第12節

2023.11.26

ブンデスリーガ第12節が各地で開催された [写真]=Getty Images

 ブンデスリーガ第12節の6試合が25日に各地で開催された。

 ここまで行われた11試合を10勝1分と無敗で駆け抜けている首位レヴァークーゼンは、敵地でブレーメンと対戦。9分にオウンゴールで幸先良く先制すると、43分には左からの折り返しをジェレミー・フリンポンが叩き込む。76分には左サイドからボールを持ち運んだアレハンドロ・グリマルドが自ら左足でゴールネットを揺らし、3-0で勝利。ブンデスリーガ8連勝を飾って首位をキープした。

 現在バイエルンシュトゥットガルトと上位陣相手に2連敗を喫しているドルトムントは、ホームにボルシアMGを迎えた。試合は28分までにボルシアMGが2点をリードしたものの、ここからドルトムントが反撃へ。30分に右からのクロスボールをマルセル・サビツァーがボレーでねじ込むと、32分にはジェイミー・バイノー・ギテンスの落としからニクラス・フュルクルクが狙い澄ました一撃を沈める。前半アディショナルタイムにはバイノー・ギテンスがゴール前中央からグラウンダーのシュートを決めると、後半アディショナルタイムにはカウンターからドニエル・マレンがトドメを刺した。ドルトムントがブンデスリーガ4試合ぶりの白星を記録。ボルシアMG所属の板倉滉は負傷中のためメンバー外だった。

 3位のシュトゥットガルトは敵地で7位のフランクフルトと対戦。試合は開始早々の1分、エンツォ・ミロのスルーパスからゴール前に抜け出したデニス・ウンダヴが流し込み、シュトゥットガルトが先手を取る。26分にはオウンゴールで同点に追い付かれたものの、前半アディショナルタイムには左からのアーリークロスをウンダヴが頭で沈めた。後半はスコアが動かず、試合はこのままタイムアップ。シュトゥットガルトが2連勝で3位をキープした。シュトゥットガルト所属の伊藤洋輝は3バックの左でフル出場。フランクフルト所属の長谷部誠はベンチに入っていたものの、出番はなかった。

 ブンデスリーガで3試合未勝利が続くフライブルクは、ホームでダルムシュタットと1-1のドロー。フライブルク所属の堂安律は右ウイングバックの位置で先発し、82分までプレーした。

 ここまで開催されたブンデスリーガ第12節の結果、および26日開催予定のマッチスケジュールは下記の通り。

■ブンデスリーガ第12節

▼11月24日(金)
ケルン 0-1 バイエルン

▼11月25日(土)
ドルトムント 4-2 ボルシアMG
ウニオン・ベルリン 1-1 アウクスブルク
フライブルク 1-1 ダルムシュタット
ヴォルフスブルク 2-1 ライプツィヒ
ブレーメン 0-3 レヴァークーゼン
フランクフルト 1-2 シュトゥットガルト

▼11月26日(日)
23:30 ハイデンハイム vs ボーフム
25:30 ホッフェンハイム vs マインツ
※キックオフ時刻は日本時間

板倉滉の関連記事

【PR】欧州の強豪が来日!
EUROJAPAN CUP 2024チケット販売中!!

7月24日、EUROJAPAN CUP 2024でセレッソ大阪とボルシア・ドルトムントが対戦する。ボルシア・ドルトムントは7年ぶり4回目の来日だが、関西で試合を行うのは今回が初めてだ。また、迎え撃つセレッソ大阪には、かつてボルシア・ドルトムントでプレーした香川真司が在籍中。今夏注目の“夢の邂逅”を見逃すな!

  1. 今夏のアジアツアーにおいてボルシア・ドルトムントが日本で行う試合はこの1戦のみ
  2. お求めやすい価格設定! (例:カテゴリー5自由席 大人6900円・小中2500円)
  3. かつてボルシア・ドルトムントで活躍した香川真司が“古巣戦“に挑む!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

RANKING板倉滉のニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO