FOLLOW US

久保建英に“個人賞2冠”の可能性! 『ラ・リーガ・アワード』の各賞におけるノミネート選手&監督が発表

2024.05.16

『ラ・リーガ・アワード』の各賞におけるノミネート選手・監督が発表 [写真]=Getty Images

 ラ・リーガは15日、『ラ・リーガ・アワード』の各賞にノミネートされた選手ならびに監督を発表した。

 今回の発表によると、ラ・リーガが主催する2023-24シーズンの『ラ・リーガ・アワード』における各賞のノミネート選手と監督が決定したとのことだ。表彰されるのは、『年間最優秀選手賞』、『U23最優秀選手賞』、『年間最優秀ゴール賞』、『最優秀監督賞』の4部門に加えて、チーム・オブ・ザ・シーズンとラ・リーガ2023-24シーズン・チャンピオン賞(レアル・マドリードに決定)という。各クラブのキャプテン、有識者、ファンの投票によって受賞者が選出され、今月28日にイタリア・サルデーニャ島で開催される式典にてその結果が明らかになる。

 そんな『ラ・リーガ・アワード』において、レアル・ソシエダに所属する日本代表MF久保建英が、『年間最優秀選手賞』と『U23最優秀選手賞』にノミネートされた。両部門に名を連ねたのは同選手の他にはおらず、前者でジュード・ベリンガムレアル・マドリード)やイスコベティス)、アントワーヌ・グリーズマンアトレティコ・マドリード)らと、後者ではニコ・ウィリアムズアスレティック・ビルバオ)やラミン・ヤマルバルセロナ)、サヴィオ・モレイラジローナ)らと争うことになる。

 また『最優秀監督賞』には、5名の候補者がいる。クラブ史上36度目のラ・リーガ優勝を達成したカルロ・アンチェロッティ氏(レアル・マドリード)の他、功成り名を遂げたミチェル氏(ジローナ)や、40年ぶりとなるガバラ(はしけ船)の夢をもたらしたエルネスト・バルベルデアスレティック・ビルバオ)氏らが順当に選出。マルセリーノ・ガルシア・トラル氏(ビジャレアル)に関しては、シーズン途中就任でのノミネートとなった。

 各賞にノミネートされた選手・監督は、以下の通り。

■年間最優秀選手賞
ジュード・ベリンガムレアル・マドリード
久保建英レアル・ソシエダ
アントワーヌ・グリーズマンアトレティコ・マドリード
アルテム・ドフビクジローナ
キリアン・ロドリゲスラス・パルマス
ロベルト・レヴァンドフスキバルセロナ
ヴィニシウス・ジュニオールレアル・マドリード
イスコベティス
アレイクス・ガルシアジローナ
アレクサンダー・セルロートビジャレアル

■U23最優秀選手賞
ラミン・ヤマルバルセロナ
ハビ・ゲラバレンシア
ロドリゴレアル・マドリード
ヤン・コウトジローナ
サヴィオ・モレイラジローナ
ジョニー・カルドーゾベティス
パウ・クバルシバルセロナ
ミゲル・グティエレスジローナ
ニコ・ウィリアムズアスレティック・ビルバオ
久保建英レアル・ソシエダ

■年間最優秀ゴール賞
メンフィス・デパイアトレティコ・マドリード)、
ジョアン・カンセロバルセロナ
サウール・ココラス・パルマス
アイトール・ルイバルベティス
ヘスス・アレソオサスナ
ヴィニシウス・ジュニオールレアル・マドリード
ラミン・ヤマルバルセロナ
ジョアン・フェリックスバルセロナ

■最優秀監督賞
カルロ・アンチェロッティレアル・マドリード
ミチェルジローナ
ディエゴ・シメオネ(アトレティコ・マドリード
エルネスト・バルベルデアスレティック・ビルバオ
マルセリーノ・ガルシア・トラルビジャレアル

アルテム・ドフビクの関連記事

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

RANKINGアルテム・ドフビクのニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO