FOLLOW US

今夏マンU退団でベシクタシュ加入も…DFバイリー、古巣ビジャレアル移籍が決定

2023.12.31

ビジャレアル加入が決定したバイリー [写真]=Getty Images

 ビジャレアルは30日、ベシクタシュに所属していたコートジボワール代表DFエリック・バイリーを獲得したことを発表した。

 なお、契約期間は2025年6月30日までと発表。移籍金などについては明らかになっていないが、移籍市場に精通するイタリア人記者のファブリツィオ・ロマーノ氏によると、バイリーはベシクタシュとの契約を解除してフリーとなっていたことから、フリー移籍になったようだ。

 バイリーは1994年4月12日生まれの現在29歳。若くしてスペインに渡ると、エスパニョールのカンテラ(育成組織)を経て同クラブでトップチームデビューを飾った。2015年1月にはビジャレアルへ完全移籍。加入直後からセンターバックで定位置を掴むと、2015-16シーズンには公式戦35試合出場1ゴールを記録し、同シーズン終了後にマンチェスター・ユナイテッドへの完全移籍を果たした。

 マンチェスター・ユナイテッドでは当時のジョゼ・モウリーニョ監督(現:ローマ)の信頼を掴み、加入直後から主力の1人として活躍。2016-17シーズンは公式戦39試合のピッチに立ったが、以降は度重なるケガに悩まされ、序列が下がり、エリック・テン・ハフ監督が就任した昨季は構想外となり、出場機会を求めてマルセイユにレンタル移籍。公式戦通算23試合に出場したものの、シーズン終了後にマルセイユ、そしてマンチェスター・ユナイテッドからも離れることが決まった。レンタル移籍期間を除くとマンチェスター・ユナイテッドでは6シーズンにわたってプレーし、公式戦通算113試合出場1ゴールを記録した。

 そして、今夏にベシクタシュへと期限付き移籍を果たしたものの、チームメイトとの確執などもあり、今シーズンここまで公式戦8試合の出場にとどまっていた。これにより、わずか半年でベシクタシュを離れたバイリーは、古巣ビジャレアルに約7年半ぶりに復帰することが決定した。

エリック・バイリーの関連記事

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

RANKINGエリック・バイリーのニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO