FOLLOW US

冨安健洋フル出場のアーセナル、完封負けでリーグ戦初黒星…ニューカッスルは7戦無敗に

2023.11.05

ニューカッスルが本拠地でアーセナルに完封勝利! [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第11節が4日に行われ、ニューカッスルアーセナルが対戦した。

 開幕からここまで無敗を維持している2位アーセナル。前節は最下位のシェフィールド・ユナイテッド相手に日本代表DF冨安健洋の初ゴールを含む大量5得点で快勝を収めた。今節は6位ニューカッスルの本拠地に乗り込んでの一戦。直近のリーグ戦で6試合無敗と好調を維持する“難敵”相手に勝利を掴むことはできるだろうか。なお、冨安は左サイドバック(SB)でスタメンに名を連ねている。

 序盤は拮抗した展開に。ホームの大声援を受けるニューカッスルは鋭いプレスとサイドを大きく使った攻撃を展開。対するアーセナルも素早いカウンタープレスで相手の攻撃の芽を摘み取りつつ、中盤でのパス交換からチャンスをうかがう。前半の中盤にかけてはアーセナルが多くのCKを獲得するも、流れの中を含めて決定機を作るまでには至らず。ニューカッスルは素早い攻撃を仕掛けていくが、デクラン・ライスはじめとした守備陣の対応に苦戦する。

 随所で激しい攻防が目立つ展開のなか、互いに良い形でシュートに持ち込めぬまま時計の針が進んでいく。冨安は自陣左サイドでミゲル・アルミロンと対峙しつつ、攻撃時にはジョルジーニョの脇へポジションを移し積極的にボール回しに関与する。ニューカッスルは44分にブルーノ・ギマランイスがミドルシュートを放つ。追加タイムにはガブリエウ・マルティネッリがボックス内へ侵入し右足を振り抜くも、どちらもゴールには至らず。前半はスコアレスで終了した。

 後半も緊迫した展開が続く。ニューカッスルは強度の高い守備から縦への速い攻撃で何度か敵陣ボックス内へ侵入するも、アーセナルの最終ラインが集中力の高い対応を見せシュートを打たせない。やや押され気味のアーセナルは62分、複数人が絡んだ連携で左サイドを攻略すると、マルティネッリのクロスのこぼれ球をライスがヘディングで狙ったが、シュートは枠の右へ外れた。

 64分、ジェイコブ・マーフィーのシュートにこぼれ球を拾ったジョー・ウィロックが左からクロスを上げ、混戦から最後はアンソニー・ゴードンが押し込みネットを揺らす。VARによる長い確認作業の結果ゴールが認められ、ホームチームが先手を取った。アーセナルはオレクサンドル・ジンチェンコやレアンドロ・トロサール、ファビオ・ヴィエイラを投入し、攻勢を強めていく。

 しかし、8分間のアディショナルタイム含めてニューカッスルの集中力は途切れず、試合はこのまま1-0で終了。ニューカッスルはリーグ戦での無敗記録を「7」に伸ばし、アーセナルはリーグ戦における初黒星を喫している。次節は11日に行われ、ニューカッスルはアウェイでボーンマスと、アーセナルはホームでバーンリーと対戦する。

【スコア】
ニューカッスル 1-0 アーセナル

【得点者】
1-0 64分 アンソニー・ゴードン(ニューカッスル

冨安健洋の関連記事

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

RANKING冨安健洋のニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO