FOLLOW US

日本代表・森保一監督が堂安律&鎌田大地ら“復帰組”に言及…前回招集外の理由も明言

2023.11.08

日本代表に復帰したフライブルクの堂安律(左)とラツィオの鎌田大地(右)

 日本サッカー協会(JFA)が8日、11月に行われる『FIFAワールドカップ26アジア2次予選 兼 AFCアジアカップ・サウジアラビア2027予選』に向けた日本代表メンバー26名を発表。メンバー発表会見に登壇した日本代表の森保一監督が、メンバー復帰を果たしたMF堂安律(フライブルク/ドイツ)やMF鎌田大地(ラツィオ/イタリア)の状態について言及した。

 10月の代表活動では「コンディション不良」を理由に招集外となっていた堂安と鎌田だったが、森保監督は「まずプレーのパフォーマンスが代表選手に相応しいということで、状態が上がったということ」と、「ケガの状態や再発のリスクがないことも確認できたこと」を理由に挙げ、各選手の状態について次のように説明した。

 堂安に関しては「10月は親知らずの治療ということで招集せず、それが癒えている確認ができました」と述べ、鎌田については「ヒザの痛みがあったということ。リーグ戦とCLの連戦を戦ってきた中で代表に招集して長距離移動をして、ハードな試合に臨むことがケガを悪化させることにつながる可能性が高いということで招集しませんでした」と説明。その上で「ヒザの状態も良くなったのと、昨日もCLに出場していましたが、プレーのチェックやコミュニケーションの部分でもチェックした上で招集しています」と続け、状態が改善していることを強調した。

 また、6月の代表活動以来の復帰となった相馬勇紀(カーザ・ピア/ポルトガル)についても触れ、「所属チームでは<3-4-3>の中で左右のウイングでプレーしていることを確認していますし、そこでゴールに仕掛けていく彼の良さと、上下動をして攻守に関わるという部分も確認させてもらった中で招集しています」と評価した。

 一方で、直近の試合に出場できていない守田英正(スポルティング/ポルトガル)の状態に関しては「しっかりコミュニケーションをとって、どういう状態で練習をしているか確認したうえで、招集させてもらっています」と述べ、「何か起こった場合は対処していきたい」としつつ、「プレー可能ということで招集させてもらっている」と主張した。

 日本代表は11月13日から活動をスタートさせ、同16日に『パナソニックスタジアム吹田』でミャンマー代表と、同21日には『プリンス・アブドゥッラー・アル・ファイサル・スタジアム』(サウジアラビア)でシリア代表と対戦する予定になっている。

【PR】「DMM×DAZNホーダイ」で
U−23日本代表を応援!

「DMM×DAZNホーダイ」とは、DMMプレミアムとDAZN Standardをセットで利用できるプラン。

単体契約ならDMMプレミアム月額550円(税込)、DAZN Standard月額4,200円(税込)のところ、本プランなら月額3,480円(税込)だからとってもお得です。

  1. 「DMM×DAZNホーダイ」なら単体契約より月額1,270円(税込)も安い!
  2. DAZNだけの契約と比較しても月額720円(税込)お得に楽しめる!
  3. 新規入会月から最大3カ月間、「DMMポイント」を550ポイント付与!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングなど、サッカーにまつわるあらゆる情報を提供している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING鎌田大地のニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO