FOLLOW US

U22日本代表がU22アメリカ代表に4失点完敗…MF松木玖生のゴールで一時同点も

2023.10.18

U22日本代表がU22アメリカ代表に完敗 [写真]=Getty Images

 国際親善試合が18日に行われ、U-22日本代表U-22アメリカ代表と対戦した。

 10月のアメリカ遠征に臨んでいるU-22日本代表は14日にU-22メキシコ代表と対戦すると、FW細谷真大の2ゴールなど大量4得点を挙げ、4-1で大勝している。迎えた同遠征2戦目となるU-22アメリカ戦では、MF山本理仁やMF松木玖生、FW細谷真大らが先発出場。また、U-22メキシコ戦からスタメンを5名変更し、GK佐々木雅士やDFチェイス・アンリらがスタートの11人に入った。

 試合は開始5分、U-22アメリカ代表のゴールで早くも均衡が崩れる。相手DFの背後のスペースに抜け出したMFパクステン・アーロンソンがゴール前にグランダーのパスを供給すると、走り込んできたMFヨハン・ゴメスが先制点を挙げた。その後もU-22アメリカ代表が主導権を握る展開が続くが、徐々にU-22日本代表にも相手ゴールを脅かすシーンが増えてくる。18分にFW山田楓喜が、20分にMF三戸舜介が、22分にはFW細谷真大にチャンスが訪れるも決めきれなかった。

 迎えた35分、U-22日本代表が試合を振り出しに戻した。左コーナーキックのチャンスから、DFチェイス・アンリがヘディングシュートを放つも相手DFにブロックされてしまう。それでも、こぼれ球にいち早く反応したMF松木玖生が押し込んだ。

 このまま1-1で前半終了かと思われたが、45分にU-22アメリカ代表が再び一歩前に出る。相手ペナルティエリア内に侵入すると、最後はMFパクステン・アーロンソンがゴールネットを揺らす。“スター・アンド・ストライプス”の若き10番が1得点1アシストの活躍を見せ、U-22アメリカ代表が1点リードで前半を折り返した。

 後半の立ち上がりはU-22日本代表が攻勢に出ると、FW細谷真大のシュートがクロスバーを強襲するシーンも。そのなかで次の1点を生んだのは、U-22アメリカ代表だった。右サイドでボールを受けたDFブライアン・レイノルズが針の穴を通すようなパスを送ると、MFエイダン・モリスがワントラップから右足を振り抜く。相手GKの手を弾いて、ゴールネットを揺らした。さらに73分、U-22アメリカ代表はセットプレーからFWダンカン・マクガイアが4点目を決める。

 試合はこのまま1-4でタイムアップ。来年4月に行われるU-23アジアカップ及びパリオリンピックに向けたアメリカ遠征を1勝1敗で終え、U-22日本代表は帰国の途につくことになった。

【スコア】
U-22日本代表 1-4 U-22アメリカ代表

【得点者】
0-1 5分 ヨハン・ゴメス(U-22アメリカ代表
1-1 35分 松木玖生U-22日本代表
1-2 45分 パクステン・アーロンソン(U-22アメリカ代表
1-3 57分 エイダン・モリス(U-22アメリカ代表
1-4 73分 ダンカン・マクガイア(U-22アメリカ代表

細谷真大の関連記事

【PR】「DMM×DAZNホーダイ」で
日本代表を応援!

「DMM×DAZNホーダイ」とは、DMMプレミアムとDAZN Standardをセットで利用できるプラン。

単体契約ならDMMプレミアム月額550円(税込)、DAZN Standard月額4,200円(税込)のところ、本プランなら月額3,480円(税込)だからとってもお得です。

  1. 「DMM×DAZNホーダイ」なら単体契約より月額1,270円(税込)も安い!
  2. DAZNだけの契約と比較しても月額720円(税込)お得に楽しめる!
  3. 新規入会月から最大3カ月間、「DMMポイント」を550ポイント付与!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

RANKING細谷真大のニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO