FOLLOW US

「勘違いしてはいけないのが…」と引き締め 浅野拓磨、ドイツ連破へ「100%挑戦者で」

2023.09.05

日本代表練習初日での浅野 [写真]=Getty Images

 日本代表は4日、国際親善試合のドイツ代表戦(9日、ヴォルフスブルク/ドイツ)、キリンチャレンジカップ2023のトルコ代表戦(12日、ヘンク/ベルギー)に向け、練習をスタート。初日から26名全員が集合し、週末の試合を受けて、軽めの調整を行った。

 練習後の取材に応じたボーフム所属のFW浅野拓磨は、「代表に合流する前に結果を残したいと強く思っていたので、良い状態で代表に臨めるかなと思いますし、コンディション的にもメンタル的にも良い状態にあると思うので、結果を残したいという意気込みで来ています」と、代表合流直前のリーグ戦で2得点を挙げるなど、状態の良さを強調している。

 FIFAワールドカップカタール2022で勝利して以来となるドイツ戦。決勝点を決めただけあり、「ドイツのメディアにも『今回のドイツ戦はどうだ』と聞かれます」と注目度の高さも感じているようだが、「僕らが勘違いしてはいけないのは、試合には勝ちましたけど、間違いなくドイツは日本よりも個の部分でも、チームとしてもレベルが高いチーム。まずは100%チャレンジャーで臨まないと勝利することはできないと思います。だからといって、恐れることは何もないと思うので、どこが相手でもやれる自信はありますけど、間違いなく強い相手なので、しっかり勝つ準備をしていきたい」と、あくまでも挑戦者として、いつもの試合同様に100%の準備をしていくと話した。

 日本代表の前線の選手は多くが結果を残し、好調を維持して代表に合流してきたが、「携帯を開いてニュースを見ると、(自分と)同じタイミングにたくさんの代表選手も結果を残していて、安心している暇なんて一瞬もないなと。その時点で自分にとっては刺激になっていますし、まだまだやらないとなと思えている」と、引き締めた浅野。

 ドイツ代表とドイツの地、アウェイの地で対戦できることについては、「ドイツにとっては絶好のモチベーション、コンディション、全てが整った環境だと思う。僕たちからすれば、そういう状態のドイツとやれる、100%のチャレンジャーとしてやれるので、そこで何ができたのかは試合が終わってからになりますけど、まずは自分たちが100%のチャレンジができる環境があるので、その準備をまずは100%やるしかないので、変なことを考えなくていい」と、全力のドイツとの一戦にすべてを集中させて臨むと話している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO