FOLLOW US

首位・神戸が大迫の直接FK弾で3試合ぶりの白星! 2位・横浜FMも競り勝ち神戸を追走

2023.08.12

 明治安田生命J1リーグ第23節の7試合が12日に行われ、首位に立つヴィッセル神戸は敵地で川崎フロンターレと対戦。その神戸と同勝ち点で並ぶ2位・横浜F・マリノスはホームにガンバ大阪を迎えた。

 川崎Fと神戸の一戦は、ホームの川崎Fが試合を優位に進めていたが、守勢に回っていた神戸が34分に大迫勇也を起点としたカウンターからチャンスを迎える。左サイドのスペースでパスを受けたジェアン・パトリッキがボールを持ち上がってボックス内に侵入するところで、追いすがる大南拓磨に倒されてPKを獲得。大南にはイエローカードが提示されたが、VARの末にファウルがペナルティエリアの手前だったことが確認され、PKからFKに判定が変更となり、併せて大南に対するカードもイエローからレッドカードに変更となった。すると、このプレーで得たボックス左角付近からのFKを大迫が直接沈め、神戸が先手を奪った。

 数的不利となった川崎Fは試合終盤にかけて前線のメンバーを入れ替えていき、マルシーニョを中心に押し込む状況を作り出していったが、あと一歩のところでゴールを奪うことができずに試合は終了。アウェイの神戸が得点ランクトップを走る大迫の今季17得点目で1-0と競り勝った。

 一方、横浜FMとG大阪の試合は、ホームの横浜FMが34分に先制。喜田拓也のシュートが右ポストに当たって跳ね返ったところをヤン・マテウスが押し込んだ。その後も横浜FMの攻勢は続いたが、44分にG大阪が一瞬の隙を突いて中央突破から同点に追いつく。裏のスペースを狙った食野亮太郎がスルーパスを受けてボックス中央に侵入。キックフェイントでエドゥアルドを滑らせ、左足に持ち替えてのシュートでネットを揺らした。食野は前半アディショナルタイムにもボックス内から際どいシュートを放ったが、ボールはわずかに枠を外れてしまう。

 迎えた後半、ボックス付近で突破を試みた横浜FMのエウベルがファウルを誘発してPKを獲得。このPKのキッカーをアンデルソン・ロペスが務めるも、タイミングをずらしながらゴール右を狙ったシュートは東口にストップされてしまう。しかし、東口順昭の足がゴールラインから離れるのがわずかに早かったため、蹴り直しとなり、これをアンデルソン・ロペスがしっかりとゴール右に沈めた。その後、65分にエウベルが2枚目のイエローカードを受けて退場となり、G大阪が数的優位な状況となったが、スコアは動かず横浜FMが2-1で勝利している。

 勝ち点で並ぶ神戸と横浜FMが共に1点差で勝利したため、順位に変動はなく、翌日に試合を控える3位の名古屋グランパスと4位の浦和レッズにプレッシャーをかけることに成功。神戸は次節、19日にホームで柏レイソルと、横浜FMも同日にホームでFC東京と対戦する。


■第23節

▼8月12日(土)
北海道コンサドーレ札幌 1-1 サガン鳥栖
アルビレックス新潟 2-2 湘南ベルマーレ
柏レイソル 1-1 セレッソ大阪
FC東京 2-0 京都サンガF.C.
川崎フロンターレ 0-1 ヴィッセル神戸
アビスパ福岡 2-0 横浜FC
横浜F・マリノス 2-1 ガンバ大阪

▼8月13日(日)
名古屋グランパス vs 鹿島アントラーズ(18:00)
サンフレッチェ広島 vs 浦和レッズ(18:00)

■順位表

※()内は勝ち点/得失点差
1位 神戸(47/+24)
2位 横浜FM(47/+21)
3位 名古屋(42/+11)
4位 浦和(38/+10)
5位 鹿島(36/+11)
6位 C大阪(36/+6)
7位 福岡(35/-2)
8位 川崎F(32/+2)
9位 FC東京(32/-2)
10位 広島(31/+2)
11位 鳥栖(30/+2)
12位 G大阪(29/-8)
13位 札幌(28/-2)
14位 新潟(25/-8)
15位 京都(23/-10)
16位 柏(18/-14)
17位 横浜FC(18/-26)
18位 湘南(17/-17)

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING大迫勇也のニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO