2014.04.18

【J1第8節直前情報 徳島vs清水】ナビスコ杯で善戦した徳島、今季初白星への期待が高まる

ナビスコ杯浦和戦で善戦した徳島 [写真]=野口岳彦

■徳島ヴォルティス ナビスコ杯浦和戦での善戦は好材料

 前節の神戸戦は0-3で敗戦し、リーグ戦7連敗と苦しい状況が続く。しかし、神戸戦では今季初となる「12本」という2桁台のシュートを放ち、「津田知宏が裏へ抜け出す、高崎寛之が競り勝つ」といった攻撃陣の持ち味も発揮された。決定力を欠き、ミスから失点を喫したという点では修正が必要だが、試合内容にスコアほどの差はなかった。更に、クレイトン・ドミンゲスが今季初めて右SHとして出場し、慣れないポジションながらも攻守ともに良いパフォーマンスを見せた。右SHとして出場していた大崎淳矢は昨季と同じ左SHにまわることで、より攻撃的な動きを発揮することができた。敗戦ながら、収穫もある試合となったことは間違いない。

 そして、水曜日に行われたナビスコ杯第3節浦和戦でも3-4と善戦。今季初となる先制点、複数得点を挙げ、終了間際までリードを保ち勝利まであと一歩という試合運びができた。リーグ戦と大きくメンバーを入れ替えて若手中心のメンバーで挑んだため、安易に比較はできないが、苦戦が続くチームにとっては明るい話題となった。

 今節は前述したとおり、カップ戦を挟むタイトなスケジュール。しかし、リーグ戦の予想メンバーの多くは出場、帯同しておらず、コンディションは良好だ。もちろん、タイトなスケジュールゆえに清水戦対策の時間が少ないという不安は残るが、この勢いを持って戦うことができれば初勝ち点も見えてきそうだ。(totoONE編集部)

■徳島予想スタメン
4-4-2
GK
1 松井謙弥
DF
2 福元洋平
26 橋内優也
8 青山隼
24 那須川将大
MF
10 クレイトン・ドミンゲス
7 小島秀仁
14 濱田武
20 大崎淳矢
FW
11 津田知宏
13 高崎寛之

■清水エスパルス 好調を維持するだけに、徳島戦は試合運びが重要に

 清水は現在公式戦3連勝中と好調だ。中でも右SBにコンバートされたヤコヴィッチの活躍など、ディフェンスラインが安定し、4月に入ってから無失点試合が続いている。しかし、そのヤコヴィッチは17日の練習を腹痛で欠席。「まだ試合に出場できるかどうかは分からないが、大丈夫だと願っている」とアフシン・ゴトビ監督は話すが、清水にとっては心配事ではある。ただ、「全ての状況に対して準備はしている」(ゴトビ監督)というように、最悪の場面もシミュレートしている。

 チームとしては今週ナビスコ杯の試合がなく、選手たちの疲労度は少ないと見られる。怪我で一時戦列を離れていた高木俊幸も順調に回復し、紅白戦などでもキレのある動きを見せていた。前節は公式戦5試合連続得点を挙げていた長沢駿のゴール記録が止まってしまったが、ノヴァコヴィッチや大前元紀に久しぶりの得点が生まれるなど、前線の選手の調子は上向いている。そこに高木俊が加わることで、さらなる厚みをもたらすことが期待される。

 徳島とは初対戦で、特に大前にとっては「四国に行くのも初めてかもしれない」というほど手探りな状態。徳島は16日に行われたナビスコ杯第3節で浦和を相手に3得点を挙げるなど、不気味な存在でもある。チームが好調なだけに落とし穴にはまる危険性がないわけではない。「たとえ1点を取られたとしても、跳ね返せるメンタルが必要」(竹内涼)というように、試合運びが重要となってくる。(田中芳樹)

■清水予想スタメン
4-2-3-1
GK
1 櫛引政敏
DF
19 ヤコヴィッチ
3 平岡康裕
4 カルフィン・ヨン・ア・ピン
28 吉田豊
MF
20 竹内涼
16 六平光成
11 高木俊幸
18 ノヴァコヴィッチ
10 大前元紀
FW
9 長沢駿

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
13pt
ブレーメン
11pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る