2014.04.11

【J1第7節直前情報 清水vs大宮】公式戦5試合連続ゴール中の長沢駿、クラブ記録に並ぶ得点に期待

公式戦5試合連続得点中の長沢(中央) [写真]=Getty Images

■清水エスパルス 長沢駿が絶好調、公式戦5試合連続得点を記録中

 FW長沢駿が絶好調。ナビスコ杯第1節の仙台戦から、これまで公式戦5試合連続得点中だ。今節得点を挙げれば、ブラジル人FWのマルコが95年に記録した公式戦6試合連続というチーム記録に並ぶことになる。これからどこまで記録を伸ばして行くかに注目。ただ、最近4試合はチームとして長沢の1得点しか挙げられていない。大前元紀やノヴァコヴィッチ、右太もものけがで2試合出場できなかった高木俊幸など、他のFW陣の爆発が必要かもしれない。

 それでも、守備陣はようやく本来の力を発揮しつつある。J1で下から4番目の失点数だったが、公式戦2試合連続で無失点。ヤコヴィッチが右サイドバックに入って、守備を重視した結果が数字に表れている。

 その裏返しではあるが、右サイドからの攻撃は激減している。ここ2試合右ワイドに入った石毛秀樹、河井陽介はシュートが打てていない。右サイドからの攻撃の工夫がこれからの課題になるだろう。

 また、終盤になると“ガス欠”が起こってしまうという課題もある。前節は前半22分に長沢が決めてリードする展開も追加点を奪えず、終盤は5バックにするなど手を打ったが、防戦一方の展開に。しかし、相手のシュートがバーやポストに叩くなどし、事なきを得た。

 しかし、それでも今節の相手である大宮には、これまでリーグ戦、ナビスコ杯を通して、ホームで一度も負けていない。前節の甲府戦同様、相性の良さを生かして今季初のリーグ連勝を狙う。(田中芳樹)

■清水予想スタメン
4-2-3-1
GK
1 櫛引政敏
DF
19 ヤコヴィッチ
3 平岡康裕
4 カルフィン・ヨン・ア・ピン
28 吉田豊
MF
20 竹内涼
16 六平光成
22 村田和哉
18 ノヴァコヴィッチ
10 大前元紀
FW
9 長沢駿

■大宮アルディージャ スタメン入れ替えを含め、大幅な方向転換も

 前節、ホームに神戸を迎えた一戦は0-3で敗戦。川崎戦、柏戦と敗戦ムードが漂う試合を最後の最後で勝ちや引き分けに持ち込んできたが、そう何試合も奇跡的なゲームが続くはずなはい。神戸戦がリアルな大宮の実力だろう。

 第6節を終えた段階で未だFW陣にゴールがなく、勝敗を左右するFWのメンタル面がチームに及ぼしている影響は大きい。「FWは点を取るとガラッとプレーが変わるし、取るべく人が点を取ることでチームの勢いも増す」とFW長谷川悠は話す。最近のリーグ戦では2トップの形を採用しているが、前線でのボールの収まりはあまり良くない。それにより、DFラインを高い位置まで上げる時間が圧倒的に足りない。去年からの蓄積であるDFラインからFWの距離をコンパクトにするための時間がないのだ。

 ただ悪い面ばかりではない。2列目以降が得点を挙げているのはプラスの面もある。苦しい状況下で、後ろの選手が得点を取れることは長いシーズンを考えれば必要なことではある。また、最近はメンバーにも変化があった。前節、途中出場したのは加入したばかりの増田誓志。彼のゲームメイク力が今後攻撃面で良い効果をもたらすことに期待したい。「多少の方向変換が必要になってくる」とは試合後の大熊清監督。その発言からも分かるが、監督自身も戦い方を模索中。ここからスタメンの大幅な変更をはじめ、大きな方向転換が行われる可能性もある。大熊監督はどういうカードを切ってくるだろうか。(上野直彦)

■大宮予想スタメン
4-4-2
GK
31 清水慶記
DF
27 今井智基
2 菊地光将
17 高橋祥平
14 中村北斗
MF
41 家長昭博
23 金澤慎
18 横山知伸
10 渡邉大剛
FW
11 ズラタン
32 長谷川悠

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
72pt
マンチェスター・U
56pt
リヴァプール
54pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
59pt
ドルトムント
40pt
フランクフルト
39pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
62pt
アトレティコ・マドリード
55pt
レアル・マドリード
48pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
66pt
ユヴェントス
65pt
ローマ
50pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

神戸
1pt
鳥栖
1pt
札幌
0pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る