2014.04.25

【J1第9節直前情報 清水vs仙台】清水は長沢が戦線離脱も、選手層の厚いアタッカー陣に期待

“救世主”候補に挙げられる高木俊 [写真]=Getty Images

■清水エスパルス 攻撃陣をけん引する長沢が負傷離脱

 真価の問われる試合になる。これまで“ツインタワー”の一角として活躍した長沢駿が、右ひざ十字じん帯断裂の重傷で今季絶望。公式戦5試合連続得点を記録するだけでなく、アシストも重ねるなど、攻撃のキーマンを失うことは清水にとって大きな痛手だ。となると、ここで“救世主”の出現がカギになる。候補として挙げられるのは、高木俊幸であろう。開幕戦こそゴールを決めたが、そこから沈黙。ところが、前節の徳島戦で、長沢に代わり出場し、1得点を挙げる活躍ぶりを見せた。さらに、大前元紀のゴールをお膳立てするなど、2年前にブレイクした大前、高木俊のホットラインの復活にも期待だ。また、大前とともに、ノヴァコヴィッチも今節まで2試合連続でゴールを決めており、攻撃陣は長沢不在でも遜色のない層の厚さを誇る。

 守備に関しても、依然無失点試合を続けており、盤石の状態を維持している。ただ、長沢の前戦でのプレスが効いていたこともあり、それが無くなることは試合を少し難しくさせるかもしれない。昨季はウイルソン、赤嶺真吾の2トップに苦しんだ。ナビスコ杯第1節の仙台戦ではその2トップではなかったが、渡邉晋新監督に変わり、ウイルソン、赤嶺の最前線が復活。プレスの掛け方を誤ると、ロングボールを放り込む仙台の攻撃は驚異となる。長沢の好守の貢献度を、選手一人ひとりが感じながらプレーすることになるだろう。

 いずれにせよ、清水としては仙台にホームに負けていないという強みを見せたいところだ。(田中芳樹)

■清水予想スタメン
4-2-3-1
GK
1 櫛引政敏
DF
19 ヤコヴィッチ
3 平岡康裕
4 カルフィン・ヨン・ア・ピン
28 吉田豊
MF
20 竹内涼
16 六平光成
17 河井陽介
11 高木俊幸
10 大前元紀
FW
18 ノヴァコヴィッチ

■ベガルタ仙台 好調を自負するウイルソンの活躍に期待

 渡邉晋監督が9日に就任して以降、リーグ戦2試合をこなした仙台。順位を上げるためにも勝ち続けなければいけないが、前節は鳥栖に完敗。立て直しが必要だ。

 仙台は前節の鳥栖戦、相手を崩してシュートチャンスを迎えるシーンが少なくなかったが、一度もゴールネットを揺らすことができずに敗北。決定力向上が望まれる。今節の相手清水とは3月19日にナビスコ杯で対戦し、同じ12本のシュートを放ちながら0-4という大差をつけられて敗れた。決定力と得点力の向上なくして勝利はない。リーグ戦ではまだ流れの中からゴールを決めていないだけに、今度こそ得意のかたちを見出してゴールしなければならない。それが、2003年以来、リーグ戦では勝利のない清水を破るための条件だ。

「ジンクスは破るためにあると思っています」と力強く語る渡邉監督は、就任後初めて試合への準備期間として1週間を費やせることから、多くの組み合わせで選手を試し、攻守の組織力アップを図った。負傷していた角田誠が全体練習に復帰し、選択肢も増えた。その成果を出したい。昨季は天皇杯4回戦で清水に勝っているために、苦手意識を持つ必要はない。スピードを生かした思い切りのいいサイド攻撃を機能させ、複数得点を奪いたいところだ。なかでも期待が掛かるのがウイルソン。「今季一番動けている」と好調を自覚するエースの今季初ゴールが待たれる。(板垣晴朗)

■仙台予想スタメン
4-4-2
GK
21 関憲太郎
DF
25 菅井直樹
3 渡辺広大
2 鎌田次郎
5 石川直樹
MF
11 太田吉彰
17 富田晋伍
10 梁勇基
19 武藤雄樹
FW
24 赤嶺真吾
18 ウイルソン

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
57pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
大分
66pt
町田
65pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
56pt
鹿児島
45pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る