2014.04.12

3連勝の広島が首位浮上、徳島開幕7連敗…大阪ダービーはドロー/J1第7節

遠藤保仁
大阪ダービーでともにフル出場のフォルラン(右)と遠藤保仁(左) [写真]=白井誠二

 J1第7節が12日に各地で行われた。

 首位に立つ鹿島アントラーズはホームにアルビレックス新潟を迎えたが、前半20分に川又堅碁に先制点を許すと、前半のうちに土居聖真の得点でいったんは同点としたものの、後半オウンゴールで勝ち越し点を献上し、1-2で敗れ、第4節以来の今季2敗目を喫した。

 3連覇を目指す2位サンフレッチェ広島はFC東京とホームで対戦すると、80分に千葉和彦が挙げた得点が決勝点となり、1-0で勝利。リーグ戦3連勝で、鹿島をかわして首位に浮上した。

 前売りの段階でチケットが完売するなど、大きな注目の中で行われたセレッソ大阪とガンバ大阪による“大阪ダービー”は、ディエゴ・フォルランと阿部浩之が2ゴールずつを決め、2-2のドロー決着となった。

 また、3位ヴィッセル神戸とアウェーで対戦した徳島ヴォルティスは0-3で完敗。開幕7連敗となり、得点は未だ1点、失点は22点にのぼっている。

■J1第7節結果
川崎 1-1 柏(※11日開催)
横浜FM 0-2 仙台
C大阪 2-2 G大阪
鹿島 1-2 新潟
清水 2-0 大宮
名古屋 1-2 浦和
神戸 3-0 徳島
鳥栖 2-0 甲府
広島 1-0 FC東京

■J1第7節終了時順位表
1位 広島(勝ち点16/得失点差6)
2位 鹿島(勝ち点15/得失点差10)
3位 神戸(勝ち点14/得失点差8)
4位 浦和(勝ち点13/得失点差5)
5位 鳥栖(勝ち点12/得失点差5)
6位 新潟(勝ち点12/得失点差1)
7位 川崎(勝ち点11/得失点差7)
8位 C大阪(勝ち点11/得失点差5)
9位 柏(勝ち点10/得失点差2)
10位 横浜FM(勝ち点10/得失点差1)
11位 清水(勝ち点10/得失点差-2)
12位 名古屋(勝ち点9/得失点差-3)
13位 FC東京(勝ち点8/得失点差-3)
14位 大宮(勝ち点7/得失点差-3)
15位 G大阪(勝ち点6/得失点差-3)
16位 甲府(勝ち点6/得失点差-6)
17位 仙台(勝ち点5/得失点差-9)
18位 徳島(勝ち点0/得失点差-21)

■J1第8節対戦カード(19日開催)
仙台 vs 鳥栖
徳島 vs 清水
鹿島 vs 神戸
柏 vs 横浜FM
FC東京 vs C大阪
G大阪 vs 大宮
浦和 vs 川崎
甲府 vs 名古屋
新潟 vs 広島(※20日開催)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
35pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る