FOLLOW US

横浜FM、延長戦に及ぶ死闘を制しバンコク・U撃破!…Jリーグ勢唯一のACLベスト8進出

2024.02.21

延長後半終了間際にPKを沈めたA・ロペス [写真]=Getty Images

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)ラウンド16・セカンドレグが21日に行われ、横浜F・マリノス(日本/G組1位)とバンコク・ユナイテッド(タイ/F組1位)が対戦した。

 3チームが勝ち点「12」で並んだグループGを首位で通過した横浜FM。決勝トーナメント1回戦(ラウンド16)は、グループFを4勝1分1敗の首位で突破したバンコク・ユナイテッドとの顔合わせとなった。ハリー・キューウェル新監督の初陣となった14日のファーストレグは敵地で2-2のドロー決着。2点を先行しながらも後半アディショナルタイムに追い付かれる悔しい結果となった。本拠地にて行われるセカンドレグでは勝利が求められる。

 なお、今回のACLにおける日本勢は浦和レッズがグループステージで、川崎フロンターレとヴァンフォーレ甲府がラウンド16で敗退。横浜FMは“最後の砦”としてベスト8に駒を進めることができるだろうか。

 序盤は拮抗した展開に。横浜FMは最終ラインからのビルドアップを起点に最前列のヤン・マテウス、アンデルソン・ロペス、エウベルにボールを集める。対するバンコク・ユナイテッドは複数回に渡ってサイドを起点とした鋭いカウンターを発動。互いに決定機がないまま迎えた19分、横浜FMは高い位置を取ったエドゥアルドが縦パスをインターセプトすると、ボールはナム・テヒを経由しエウベルへ。しかしボックス手前からのミドルシュートは枠の上へ外れた。

 25分過ぎにかけては横浜FMがセカンドボールの回収率を高め、敵陣内でのプレー時間を増やしていく。38分、左サイドで細かくパスを繋ぐと、ボックス内左でボールを収めた渡邊泰基が後方へ落とし、最後は渡辺皓太が右足を振り抜いたが枠を捉えられず。40分には渡辺の横パスを受けたエウベルがボックス手前中央からミドルシュートを放ったが、これは惜しくも枠の右へ外れた。その後もボールは回せどゴールが遠く、前半はスコアレスで終了した。

 後半は横浜FMが積極的な入りを見せる。開始早々にエウベルがカットインからフィニッシュに持ち込むと、49分にはボックス手前に縦パスを送った加藤蓮が渡辺の落としを受けて左足でシュートを放つ。53分にはヤン・マテウスの突破から渡辺にチャンスが訪れたが、いずれも得点には繋がらない。68分、敵陣右サイドの深い位置でこぼれ球を拾ったヤン・マテウスがカットインから鋭いクロスを供給。途中出場の天野純が合わせたが、シュートは枠の上へ外れた。

 78分にはA・ロペスに決定機到来。ボックス内左で渡邊のパスを引き出すと、対峙した相手DFを左足のキックフェイントで交わして右足を振り抜く。シュートは枠を捉えたが、GKパティワット・カマイのスーパーセーブと右ポストに阻まれ先制点とはならなかった。その後も猛攻を仕掛けた横浜FMは、最終盤にかけてサイド攻撃からA・ロペスや宮市亮にチャンスが訪れたが決め切ることができず。スコアレスのまま後半が終了し、試合は延長戦に突入した。

 横浜FMは延長戦前後半通じてゴールに迫るシーンを多く作ったが、最終局面でラストパスやフィニッシュの精度を欠き、バンコク・ユナイテッドの集中した守備を崩し切ることができない。迎えた延長後半終了間際、右から仕掛けた村上悠緋がボックス内での相手DFのハンドを誘い横浜FMがPKを獲得。これをA・ロペスが冷静に沈め、土壇場で先制に成功した。

 試合はこのまま1-0で終了し、2戦合計スコアを3-2とした横浜FMが現行方式で初のACLベスト8進出を果たした。

【スコア】
横浜F・マリノス 1-0(2戦合計:3-2) バンコク・ユナイテッド

【得点者】
1-0 120+2分 アンデルソン・ロペス(PK/横浜F・マリノス

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングなど、サッカーにまつわるあらゆる情報を提供している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING横浜F・マリノスのニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO