FOLLOW US

”昨季王者”の神戸が白星スタート、汰木&佐々木のゴールで磐田に勝利 

2024.02.24

神戸が開幕戦で勝利[写真]=J.LEAGUE via Getty Images

 2024明治安田J1リーグ第1節が24日に行われ、ジュビロ磐田ヴィッセル神戸が対戦した。

 2シーズンぶりのJ1の開幕戦に臨むホームの磐田は、元日本代表GKの川島永嗣を始め、大卒ルーキーの植村洋斗平川怜レオ・ゴメスら新戦力がスタメン入り。また、新加入のマテウス・ペイショットアビスパ福岡から加入した中村駿ジェフユナイテッド千葉から加入した西久保駿介がベンチ入りを果たした。


 一方、“昨季王者”のアウェイ神戸は、昨季MVP&得点王の大迫勇也山口蛍酒井高徳など日本代表経験者らに加え、新加入の井手口陽介がスタメン入り。サブには、川崎フロンターレから加入した宮代大聖鹿島アントラーズから加入した広瀬陸斗、横浜F・マリノスから加入したオビ・パウエル・オビンナらが名を連ねた。

 5分、セットプレーから神戸がいきなり試合を動かした。初瀬亮の蹴ったコーナーキックのこぼれ球にペナルティーエリアの外で待っていた汰木が反応。上手く合わせたグラウンダーのシュートがゴール右隅に吸い込まれ、神戸が先制に成功した。

 9分には左サイドからの汰木のクロスに佐々木大樹が頭で合わせるも、川島がしっかりとキャッチ。序盤から神戸が攻め立てる展開になるも、磐田が川島を中心に体張った守備で追加点を与えなかった。

 押し込まれる展開が続いた磐田であったが、30分を過ぎると徐々にゴールに迫るシーンを増やしていく。35分には、平川の丁寧な落としから昨季チーム得点王のジャーメイン良がミドルシュートを放つも、クロスバーをかすめて枠の外へ。同点弾を決めることはできなかった。

 42分には、神戸に決定機。右サイドから井手口が中央に送ったパスが左まで流れ、走りこんできた汰木が狙いすましたシュート。川島の腕をすり抜け、ゴールかと思われたが大卒ルーキー植村が戻りギリギリのクリアでチームの危機を救った。

 前半はこのまま神戸が1点をリードして終了し、ハーフタイムに突入。後半から磐田は、平川に代えてペイショットを投入した。

 後半開始早々、神戸がリードを広げた。49分、ハーフライン付近でボールを受けた大迫が中央に走りこんだ佐々木にスルーパス。GKとの1対1となった佐々木が冷静に沈め、神戸に追加点が生まれた。

 なんとか1点を奪いたい磐田は、、62分に中村、75分にはドリブラー古川陽介を投入するも、神戸の前線からの激しいプレスに苦しみ、中々良い形で敵陣に侵入することができないまま試合終了。昨季王者の神戸が2年連続の開幕戦勝利を飾った。
 
 次節、磐田は3月1日に等々力陸上競技場で川崎フロンターレと神戸は3月2日にノエビアスタジアム神戸で柏レイソルと対戦する。

【スコア】
ジュビロ磐田 0-2 ヴィッセル神戸

【得点者】
0-1 5分 汰木康也(神戸)
0-2 49分 佐々木大樹(神戸)

【スターティングメンバー】
▼磐田
川島永嗣植村洋斗伊藤槙人リカルド・グラッサ松原后レオ・ゴメス上原力也松本昌也山田大記平川怜ジャーメイン良

▼神戸
前川黛也酒井高徳山川哲史マテウス・トゥーレル初瀬亮扇原貴宏山口蛍井手口陽介汰木康也佐々木大樹大迫勇也

【PR】欧州の強豪が来日!
EUROJAPAN CUP 2024チケット販売中!!

7月24日、EUROJAPAN CUP 2024でセレッソ大阪とボルシア・ドルトムントが対戦する。ボルシア・ドルトムントは7年ぶり4回目の来日だが、関西で試合を行うのは今回が初めてだ。また、迎え撃つセレッソ大阪には、かつてボルシア・ドルトムントでプレーした香川真司が在籍中。今夏注目の“夢の邂逅”を見逃すな!

  1. 今夏のアジアツアーにおいてボルシア・ドルトムントが日本で行う試合はこの1戦のみ
  2. お求めやすい価格設定! (例:カテゴリー5自由席 大人6900円・小中2500円)
  3. かつてボルシア・ドルトムントで活躍した香川真司が“古巣戦“に挑む!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

RANKING大迫勇也のニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO