2013.06.23

ジェラール・ピケはコンフェデ杯よりNBAファイナル!? ツィートで学ぶ英会話

文●千葉ハナ
 
 はじめまして。オンライン英会話スクールのカメレオンです。このコラムでは、英語の勉強がてら、有名サッカー選手のツイートを紹介していきたいと思います。1回目はバルセロナ所属でスペイン代表のジェラール・ピケ。
 
 コンフェデレーションズカップのグループAでは、残念ながら日本の敗退が決まり、ブラジルとイタリアが順当にベスト4に名乗りを上げましたね。一方、グループBはスペインがタヒチに大会史上最多得点、最多得点差の10ー0と快勝しましたが、ウルグアイがナイジェリアに勝利したため、勝ち抜けは最終戦まで持ち越しとなりました。
 
 それにしてもほとんどがアマチュア選手のタヒチに対して容赦のないスペイン、無敵艦隊ならぬ、無慈悲艦隊とでも呼びたくなりました。初戦のウルグアイ戦からは先発を大幅に入れ替えてきました。その中の一人でタヒチ戦は出番がなかった、ジェラール・ピケが試合後にTwitterに何をつぶやいたか読んでみましょう。
 


「マイアミ・ヒートおめでとう! 2年連続のチャンピオンだね。スパーズはちょっと気の毒だったけど。最後はフェアプレーの手本のような試合だったよ」
 
 スパーズといっても、トッテナムのことではありませんね。これは20日に行われたNBAファイナルで、マイアミ・ヒートがサンアントニオ・スパーズを破って、昨年に続き優勝した結果を受けてのもの。さすが、時間があればバルセロナのバスケット部の応援に駆けつけるというバスケファンらしいつぶやきです。
 
 実はここ最近のピケのツィートはこのNBAファイナルに関することがほとんど。ブラジル入りする前の6月初旬にスペイン代表がマイアミで親善試合をした際には、代表チームメートと一緒に、ヒート対スパーズ戦を観戦したほど。自分のチームがタヒチに大勝したことより、ヒート優勝を報告したくなるのも納得ですね。
 
 ピケはスペイン人ですが、英語でのツィートが多いです。パートナーのシャキーラがコロンビア人ながら、英語ぺらぺらというのが影響しているのでしょうか。今回のTweetでは、congratulations、 Champions と複数形になっていることに注目。congratulationは単数ですと「祝い、祝賀」などの意味がありますが、「おめでとう」で使う場合は複数形で。また、チームは複数の選手の集まりですから、championも複数になります。決勝戦でよく耳にする、”We are the champions”でみなさんもおなじみですね。
 

オンライン英会話スクールのカメレオンでは、スポーツ選手やミュージシャン、映画俳優、政治家、セレブレティなどのTweetについて、先生とディスカッションするというレッスン” Tweet Tweet”があります。最新のトピックを話題にしながら、短い文章に込められた、つぶやき手の気持ちを読み取ったり、Tweetならではの英語表現を覚えたり……とてもユニークなレッスンで、25分があっというま。語学学習は楽しみながらが一番身につきます。是非ともチャレンジしてみてください。

カメレオンではただいま無料体験を行っています。パソコンとスカイプがあれば、25分のレッスンを2回、お好きなときにお好きな場所で受けられます。オリジナルレッスンの種類も、初心者から上級者向きまで豊富に取り揃え、みなさまのご予約をお待ちしています。詳細は以下のURLをご覧ください。

http://www.chameleon-english.com/

また、正会員にご入会の際には「サッカーキングを見た」と書いていただければ、入会月に特別ポイントのプレゼントがございます。

cameleon