FOLLOW US

カルチョ大好き“3人衆”がセリエA全20クラブに言いたい放題!(4)

[サッカーキング No.012(2020年4・5月合併号)掲載]

 せっかくカルチョを特集するのだから、セリエAの全20クラブを取り上げたい! そんな編集部からの無茶振りに、“いつもの”3人衆が応えてくれました。

カルチョ
【登場人物】
北川義隆/フリーアナウンサー(中央)
DAZNでセリエAの実況を担当。現地の情報や選手の小ネタを含んだ“雑談実況”がセリエファンの人気を集める。生粋のロマニスタで、ローマに1999年から10年間移住した。
 
伊東聡志/元サッカーキング統括編集長(右)
三浦知良の影響で、高校卒業後にイタリアへ留学。帰国後はサッカー番組の制作やWebサイト、雑誌編集に携わる。推しはフィオレンティーナ。今回は02-03シーズンのユニで登場。
 
細江克弥/サッカーライター(左)
サッカー専門誌の編集部を経て2009年に独立。インタビューや記事執筆だけでなく、雑誌や書籍の編集、企画&構成なども手がける。公にはしていないが心のクラブはユヴェントス。

伊東(以下I)――えっとですね、皆さん。今回は「セリエAの20クラブについて、おもしろおかしく自由に話してください」という編集部からのオーダーでして。
北川(以下K)――20クラブ! かー!
細江(以下H)――原稿書くの誰ですか?
I――細江さんです。
H――かー!
K――こりゃ大変だ。
I――というわけで、時間ないからどんどんやりましょう! アルファベット順!
H――オッケーです。
K――やりましょう!

>>第1話(アタランタ/ボローニャ/ブレシア/カリアリ/フィオレンティーナ)
>>第2話(ジェノア/インテル/ユヴェントス/ラツィオ/レッチェ)
>>第3話(ミラン/ナポリ/パルマ/ローマ/サンプドリア)

SASSUOLO サッスオーロ/11位
“4万人クラブ”を率いる
デ・ゼルビさんの真価はいかに

I――マペイ・スタジアムはすごくキレイで、いいスタジアムですよね。
K――駅からちょっと遠いんですけどね。タクシーで20分くらいかな。ナイターだとタクシーを捕まえるのも大変だから苦労するかもしれません。
H――ちなみにサッスオーロって、モデナ県にあるサッスオーロという街のクラブなんですよね。初めてセリエAに上がってきたときに「人口4万人の街」と聞いて驚きました。
I――それからずっとセリエAにいますからね。ホントにすごい。
K――ロベルト・デ・ゼルビ監督はどうなんでしょう? かなり注目されていますけれど、なかなかあか抜けないなあという気がしています。
H――いや、でも、おもしろいサッカーを志向していることは間違いないので、もしビッグクラブに引き抜かれるようなことがあって、そことの相性がバッチリ合えば一気にブレイクするかもしれませんよ。
K――確かに、ルチアーノ・スパレッティもそういう感じでしたもんね。
I――そういう意味では、最近はそういう立ち位置の監督がことごとく失敗してるのが気になりますよね。ディ・フランチェスコとか、ヴィンチェンツォ・モンテッラとか、ミハイロヴィッチさんも一度失敗しているし。

SPAL スパル/19位
センプリチ体制ついに終幕
名称はイタリアでも「スパル」

I――スパルはイタリアでも「スパル」と呼ばれているんですか? 本名は「ソチェタ・ポリスポルティーヴァ・アルス・エト・ラボル」でその頭文字を取った名前ですけれど。

伊東聡志

みんなが気になっていたことを聞いてくれる伊東さん


H――それ気になる。
K――「スパル」と呼ばれていますよ。または「スパル・フェラーラ」ですね。
I――フェラーラの街はとても行きやすくて、ヴェネツィア観光の帰りとかにも立ち寄れるんですよね。
H――きれいな街ですよね。
I――今年でセリエA3シーズン目か……。レオナルド・センプリチ前監督のおかげですよね。セリエBのときに就任して、ここまでのチームにしましたから。
H――ルイジ・ディ・ビアジョって、監督としては……。
I――ちょっと厳しいですよね。あれだけ長くU-21イタリア代表の監督をやったのに、全然結果を残せませんでしたから。
K――うわ! ディ・フランチェスコの息子はもう25歳か! 早いなあ。僕がローマに住んでいた頃は、まだメガネかけて小さかったんですから(笑)。

TORINO トリノ/15位
すべての諸悪の根源は
ペトラーキ元SDにあり!

I――このチームは、昨シーズンまでスポーツダイレクターを務めていたジャンルカ・ペトラーキをローマに引き抜かれてしまったことで、いろいろと狂っちゃいましたよね。夏の補強から全然うまくいかなくて。
H――ですね。メンバーリストだけを見るとものすごく魅力的なチームなんですけど、ここまでまったく噛み合ってない。今シーズンはちょっと厳しいかなあ……。
K――でも、2月に入ってようやくワルテル・マッツァーリ監督が解任されて、新監督になったのがトリノのアカデミー出身のモレノ・ロンゴさんでしょ? その人選はすごくいいんじゃないですか? 彼は2018年までフロジノーネを率いていたんですよね。
H――そっかそっか。ロンゴって、あのロンゴか。キエーヴォの?
I――そうそう。現役時代はキエーヴォの印象が強いですよね。まだまだ残留争いも厳しくなると思うので、頑張ってほしいなあ。

UDINESE ウディネーゼ/14位
新監督ゴッティは
身の丈を知るユニークな人

H――イゴール・トゥドール前監督が解任されたのって……。
K――昨年の11月ですね。後任のルカ・ゴッティ監督は暫定ではあるんですけれど、あの人はちょっとおもしろいですよ。「僕は監督の器じゃないから、クラブが誰かを連れてきてくれればいつでも辞めるよ」と言ってるんです。身の丈をよく分かってらっしゃるユニークな人。
I――いい選手はたくさんいるんですけどね。ロドリゴ・デ・パウルを中心に。
H――ホントにそう。

疲れが見えてきた細江さん。話題はようやく19クラブ目に。ゴールはもうすぐだ!


K――僕が好きな選手もたくさんいます。ステファノ・オカカとか、マト・ヤヤロとか、ケヴィン・ラザーニャとか。
H――僕はイリヤ・ネストロフスキが好きなんですよね。試合にほとんど出てませんけど(笑)。それにしても、ウディネーゼってチームがコンパクトになりましたよね。ひと昔前はいつも40人くらいトップ登録してたじゃないですか。選手名鑑作るのが大変だったんです。
I――確かに(笑)。

VERONA ヴェローナ/8位
今シーズンの盛り上げ役は
まさにピッコロ・アタランタ

K――ピッコロ・アタランタ!(小さなアタランタ)
H――シーズンが深まるにつれて、どんどんアタランタっぽくなってますよね。イヴァン・ユリッチさんがガスペリーニさんの“弟子”だからなんですけれど、それにしてもまあ、ホントにそっくり。
I――おもしろいですよねえ。攻撃的だし、下部組織から上がってきた選手たちが素晴らしいタレントばかりで。今シーズンが昇格1年目ですけど、移籍マーケットの注目株がたくさんいますから。
H――センターバックのマラシュ・クンブラ、アタランタからレンタル中のMFマッテオ・ペッシーナ、来シーズンからのフィオレンティーナ移籍が決まっているアムラバトなど、若手がかなりいい。
K――私が大好きなベテラン選手もたくさんいます。キャプテンはジャンパオロ・パッツィーニだし、大好きなファビオ・ボリーニも来たし、中盤にはダルコ・ラゾヴィッチもミゲル・ヴェローゾもいるし。
I――ヴェローゾも長いなあ、イタリア。

北川さん、いつでも“小ネタ”を挟む準備はできています。最後にいいですか? いきますよ


K――知ってます? 彼の奥さん、ジェノアの会長であるエンリコ・プレツィオージさんのご令嬢なんですよ。
H――だからずっとイタリアにいるのか。
K――そうなんです。ヴェローゾがジェノアから移籍しちゃったから、プレツィオージ家では彼の話はタブーらしいですよ(笑)。

※この記事はサッカーキング No.012(2020年4・5月合併号)に掲載された記事を再編集したものです。
第1話:アタランタ/ボローニャ/ブレシア/カリアリ/フィオレンティーナ
第2話:ジェノア/インテル/ユヴェントス/ラツィオ/レッチェ
第3話:ミラン/ナポリ/パルマ/ローマ/サンプドリア

セリエA観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


BACK NUMBER2020欧州再開特集のバックナンバー

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA