FOLLOW US

伊東純也がピンポイントクロスで今季3つ目のアシストも…スタッド・ランスは今季初の連敗

2023.11.27

フル出場の伊東純也は1アシストを記録 [写真]=Icon Sport via Getty Images

 リーグ・アン第13節が26日に行われ、スタッド・ランスレンヌが対戦した。

 今季のスタッド・ランスは開幕戦から安定して勝ち点を積み上げており、前節終了時点で5位と上位争いに身を置いている。インターナショナルマッチウィーク前の前節はホームでパリ・サンジェルマンを相手に0-3と完敗を喫したが、ここまで6勝2分4敗と悪くない滑り出しだ。2試合ぶりの白星を狙う今節は、2勝6分4敗と勝ちきれない試合が多いレンヌの本拠地に乗り込む。スタッド・ランス伊東純也は、日本代表帰りながら問題なく先発に名を連ねた。中村敬斗は負傷の影響でメンバー外となっている。

 試合は立ち上がりの4分に均衡が破れる。ホームチームのレンヌは左コーナーキックを獲得すると、バンジャマン・ブリジョーが右足で内巻きのボールを蹴り込む。ニアサイドでマルタン・テリエがフリックしたボールがゴール方向へ向かうと、GKイェファン・ディウフが弾き出したものの、ここからゴール前で混戦が発生。最後はアミーヌ・グイリが押し込んだ。ジュリアン・ステファン新監督の下で生まれ変わったレンヌが先手を取った。

 その後は拮抗した時間が続き、スタッド・ランスはなかなかゴールを脅かす場面を作り出せない。それでも、レンヌの1点リードで迎えた前半アディショナルタイム、スタッド・ランスのサイドアタッカーが魅せる。スタッド・ランスが左コーナーキックを獲得すると、キッカーを務めた伊東がショートで繋ぐ。モハメド・ダラミー、テディ・テウマを経由して再び伊東にボールが渡ると、ペナルティエリア左からクロスボールを供給。これがボックス中央で待っていたウマル・ディアキテの頭にピタリ。ヘディングシュートが決まり、伊東の今季3つ目のアシストでスタッド・ランスが試合を振り出しに戻した。

 1-1で後半に突入すると、キックオフの直後に再びスコアが動く。レンヌは左サイドでボールを繋いで前へ進むと、ペナルティエリア手前で待っていたグイリのパスにマルタン・テリエが反応。ダイレクトでボックス右へ繋ぐと、大外から走り込んできたブリジョーが左足でゴールネットを揺らした。後半の立ち上がりにもレンヌがゴールを記録し、勝ち越しに成功した。

 対するスタッド・ランスは56分、ワンツーでペナルティエリア右へ侵入したテウマが決定機を迎えたが、左足から放たれたシュートは枠を捉えきれなかった。

 65分にはレンヌが敵陣左サイドでフリーキックを獲得。ブリジョーが右足でボックス中央めがけたボールを蹴り込むと、アルトゥール・テアテがこのクロスに反応。ヘディングシュートを沈め、レンヌがリードを広げた。

 スタッド・ランスは終盤にかけて伊東がスペースへの飛び出しでチャンスを作ったものの、これ以上ゴールネットを揺らすことはできず、試合はこのままタイムアップ。スタッド・ランスが今季初の連敗を喫した。伊東はフル出場を果たしている。一方、新体制のレンヌは第7節ナント戦以来6試合ぶりの白星を飾った。

 次節、スタッド・ランスは12月1日にストラスブールをホームに迎える。一方、レンヌは30日にヨーロッパリーグ(EL)のマッカビ・ハイファ戦を戦った後、次節のリーグ・アンでは12月3日に敵地でマルセイユと対戦予定だ。

【スコア】
レンヌ 3-1 スタッド・ランス

【得点者】
1-0 4分 アミーヌ・グイリレンヌ
1-1 45+2分 ウマル・ディアキテスタッド・ランス
2-1 46分 バンジャマン・ブリジョーレンヌ
3-1 66分 アルトゥール・テアテレンヌ

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKINGスタッド・ランスのニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO