FOLLOW US

フェルナンド・トーレス、アトレティコ・マドリードBの新監督に就任決定「トップチームに多くの選手を送り込む」

2024.06.11

フェルナンド・トーレス監督[写真]=Getty Images

 アトレティコ・マドリードは11日、Bチーム(アトレティコ・マドリードB)の新指揮官にフェルナンド・トーレス監督が就任することを発表した。

 現役時代のF・トーレス監督は、アトレティコ・マドリードの下部組織を経てトップチームに昇格し、2001年に17歳でトップチームデビュー。2007年夏にリヴァプールへと移籍すると、その後はチェルシーやミランでもプレーし、2015年1月にアトレティコ・マドリードへと帰還した。2018年7月にはサガン鳥栖へと移籍し、日本で約1年間プレー。2019年夏に現役を引退した。

 引退後は、2021-22シーズンよりアトレティコ・マドリードのフベニールA(U-19相当)でアシスタントコーチを務め、翌シーズンには監督に就任。就任から3シーズンで、リーグ戦で2度の優勝、カップ戦優勝などを果たしたほか、現在Bチームの主力となっている選手たちを育成し、トップチームにはパブロ・バリオスを輩出した。

 今季Bチームで監督を務めたルイス・ガルシア・テベネット氏は、3シーズンで2年連続の昇格と1部残留という成績を残したことが評価され、来季からトップチームのコーチングスタッフに加わることが決定している。その後任として、F・トーレス氏がフベニールAからBチームへ昇格することになった。

 F・トーレス監督はBチーム新指揮官就任に際し、「(フベニールAでは)常に学び続けた3年間だった。私にとって、Bチームでの一歩はとても重要で、日々向上心を持って物事に取り組み、訪れる試練と責任に最善の方法で立ち向かいたいと思っている。大きな野心とともに、準備はできているという安心感をもって、大きな挑戦としてこのオファーを受け入れたい」とコメント。

 そして、リザーブチームの目的は「トップチームに多くの選手を送り込むこと」とし、「全力を尽くすことを要求していると理解しながら、競争し、野心を持って、立ち向かうことが求められる。なぜなら、それが次のステップ、彼らの夢であるトップチームへの準備になるからだ」と選手たちへのメッセージを伝えた。

フェルナンド・トーレスの関連記事

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

RANKINGフェルナンド・トーレスのニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO