FOLLOW US

チェルシーが今季初の連敗…R・ジェームズ&サンチェスは途中交代、エヴァートンは3連勝

2023.12.11

エヴァートンが本拠地でチェルシーを撃破! [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第16節が10日に行われ、エヴァートンチェルシーが対戦した。

 今夏にマウリシオ・ポチェッティーノ監督を迎えたチェルシーは不安定な戦いが続いている。直近ではマンチェスター・シティと4-4の撃ち合いを演じるも、翌節はニューカッスルに惨敗。その後はブライトンとの接戦を制したが、前節はマンチェスター・ユナイテッドに競り負け、現在10位に低迷している。今節の対戦相手はエヴァートン。財務規律違反により勝ち点「10」剥奪処分を科されたものの、前節はニューカッスルに快勝し、降格圏を脱出した。

 最初のチャンスは3分のチェルシー。相手DFラインの背後に抜け出したミハイロ・ムドリクが、ボックス内左でボールをキープしマイナス方向へパス。後方から走り込んだエンソ・フェルナンデスが右足ダイレクトで狙うも、枠を捉えたシュートはGKジョーダン・ピックフォードに阻まれる。14分にはCKの流れでボールを受けたコール・パルマーがボックス手前から強烈なシュートを放つも、再びGKピックフォードが鋭い反応を見せた。

 対するエヴァートンは25分、クロスのこぼれ球を拾ったジャック・ハリソンがボックス手前から豪快なボレーシュートを放つも、惜しくも枠を外れ先制点とはならず。チェルシーはその直後、右サイドバック(SB)に入っていたリース・ジェームズがレヴィ・コルウィルとの途中交代を余儀なくされた。チェルシーはその後もムドリクとパルマーの両サイドや最前線のアルマンド・ブロヤを起点に攻勢を強めるも、決定的なシーンを創出するまでには至らず。前半はこのままスコアレスで終了した。

 後半の序盤は拮抗した展開に。エヴァートンは50分、ボックス手前中央でパスを受けたドワイト・マクニールが左足を振り抜くも、シュートはGKロベルト・サンチェスの好セーブに阻まれる。55分には自陣でのボール奪取からカウンターを発動。マクニールのパスに抜け出したドミニク・カルバート・ルーウィンのシュートはGKサンチェスに阻まれるも、こぼれ球をアブドゥライェ・ドゥクレが押し込み、エヴァートンが先制に成功した。

 1点ビハインドのチェルシーはラヒーム・スターリングとニコラス・ジャクソンを投入し、状況の打開を図る。その後はボール保持率を高め、サイド攻撃を起点に幾度となく相手ゴール前に迫るも、エヴァートン守備陣の集中した対応に阻まれ、なかなか決定的なシュートを放つことができない。84分にはGKサンチェスも途中交代となる。90+2分、CKのこぼれ球を拾ったルイス・ドビンが強烈なシュートでネットを揺らし、エヴァートンがリードを2点に広げた。

 試合はこのまま2-0で終了し、エヴァートンが3連勝を飾った。対するチェルシーは前節に続き連敗となっている。次節は16日に行われ、エヴァートンはアウェイでバーンリーと、チェルシーはホームでシェフィールド・ユナイテッドと対戦する。

【スコア】
エヴァートン 2-0 チェルシー

【得点者】
1-0 55分 アブドゥライェ・ドゥクレ(エヴァートン
2-0 90+2分 ルイス・ドビン(エヴァートン

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

RANKINGエヴァートンのニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO