FOLLOW US

今季はシェフィールド・U…プレミアリーグで最も遅い「監督交代の第1号」はいつ?

2023.12.08

プレミアリーグ開幕から最も遅い監督交代のタイミングは? [写真]=Getty Images

 今月5日、プレミアリーグで最下位に沈むシェフィールド・ユナイテッドが監督交代に踏み切った。これが今シーズンのプレミアリーグ全20クラブの中で、監督交代の“第1号”となった。

 今季のプレミアリーグが開幕してから既に4カ月。シーズン最初の監督交代が12月5日というのは例年よりも遅いように感じる。昨シーズンはボーンマスが開幕からわずか26日でスコット・パーカー監督を解任しているし、2シーズン前はワトフォードが10月3日にシスコ・ムニョス監督との縁を切っていた。そのため、間違いなく例年よりも遅い監督交代の第1号となっており、1992-93シーズン発足のプレミアリーグ全32シーズンの中で見ると「6番目」に遅いシーズン最初の監督交代劇だった。

 それでは、プレミアリーグ史において最も遅い監督交代のタイミングはいつだったのだろうか。ランキング形式で見ていこう。なお、監督交代までの日数はシーズン開幕のタイミングによって前後するものの、今回はあくまで日付のみで選んだランキングとなっている。

[写真]=Getty Images

■6位:シェフィールド・ユナイテッド(2023-24)

時期:2023年12月5日

ポール・ヘッキングボトム

ポール・ヘッキングボトム


 前述の通り、今月5日にシェフィールド・ユナイテッドは46歳のポール・ヘッキングボトム監督を解任した。シェフィールド・ユナイテッドは3シーズンぶりに戻ってきたプレミアリーグの舞台で苦しんでいる。開幕からずっと勝てずに、10試合を終えた時点で獲得したのはわずか1ポイントのみ。プレミアリーグ史上最低の成績に留まっていた。その直後の第11節のウルヴァーハンプトン戦でようやく初勝利を収めるも、再び勝てない日々が続いていた。

 何とか最下位を脱出して迎えた12月2日の第14節、彼らはバーンリーとの“昇格組対決”で大敗を喫することに。敵地に乗り込んだシェフィールド・ユナイテッドは前半のうちに退場者を出してしまい、0-5での敗戦。今季3度目となる5点差以上の大敗を喫し、これがヘッキングボトム監督のラストマッチとなってしまった。

 立て直しを図りたいフロントが出した答えは監督交代。「上層部で話し合った結果、現時点では最善の選択」としてヘッキングボトム監督を解任し、クラブのOBであるクリス・ワイルダー監督を招聘。ワイルダー監督は過去に2016-17シーズンから5年間もシェフィールド・ユナイテッドを率いて、チームを3部からプレミアリーグまで昇格させた実績を持つ。そんな監督の下で再出発を果たしたシェフィールド・ユナイテッドだが、6日に行われた第15節ではリヴァプールに0-2で敗れており、新体制は黒星スタートとなった。

■5位:ニューカッスル(2010-11)

時期:2010年12月6日

クリス・ヒュートン

クリス・ヒュートン


 今季のシェフィールド・ユナイテッドより、1日だけ監督交代が遅かったのが、2010-11シーズンのニューカッスルだ。中東の財力とエディ・ハウ監督の手腕で上位につける今のチームとは違い、当時のニューカッスルはファンから不人気だったオーナーのマイク・アシュリーの下、浮き沈みが激しかった。

 チームは2009-10シーズン、17年ぶり2部での戦いを経験。アシスタントコーチを務めていたクリス・ヒュートンを監督に据えてチャンピオンシップでの戦いに挑んだ。見事、1年でプレミアリーグに返り咲くと、翌シーズンもエースの元イングランド代表FWアンディ・キャロルや同国籍のMFケヴィン・ノーラン、さらに元アルゼンチン代表DFファブリシオ・コロッチーニといったメンバーを揃えてプレミアリーグで中位をキープ。しかし、11月から5試合も勝利から遠ざかると、12月5日に開催された第16節ウェスト・ブロムウィッチ戦に1-3で敗れた翌日、ヒュートン監督を解任した。

 当時ニューカッスルに所属していた元イングランド代表DFソル・キャンベルは「選手たちは監督に愛着を持っていたので、彼が去ったことに不満を感じている」と首脳陣の決断を批判。結局、チームはアラン・パーデュー監督を後任に据え、12位でシーズンを終えた。

■4位:ウェスト・ブロムウィッチ(2020-21)

時期:2020年12月16日

スラヴェン・ビリッチ

スラヴェン・ビリッチ


 3年前も監督交代の第1号は12月だった。元クロアチア代表のスラヴェン・ビリッチ監督の下、3シーズンぶりにプレミアリーグに返り咲いたウェスト・ブロムウィッチだったが、トップリーグでの戦いはあまりにも過酷だった。開幕から9試合も勝利できずに下位に低迷。それでも彼らが最下位を免れていたのは、下にシェフィールド・ユナイテッドがいてくれたおかげ。ウェスト・ブロムウィッチは開幕17試合で1勝しかできなかったが、その1勝も第10節のシェフィールド・ユナイテッド戦だった。

 そのため、ビリッチ政権は19位が定位置となっていた。そして迎えた12月15日の第13節マンチェスター・シティ戦、ウェスト・ブロムウィッチは敵地で奮闘。ゴールキーパーのファインセーブなどもあって1-1のドローに持ち込んだ。それでも試合翌日の12月16日、中国人オーナーは監督交代に踏み切り、残留請負人と呼ばれていたサム・アラダイス監督を招へい。だが、成績は好転せずに19位で降格することに。アラダイス監督にとって、プレミア8クラブ目で初めての降格となってしまった。

■3位:クリスタル・パレス(2014-15)

時期:2014年12月27日

ニール・ウォーノック

ニール・ウォーノック


 このシーズンのクリスタル・パレスは驚きの連続だった。シーズン開幕の2日前に、補強方針を巡ってトニー・ピューリス監督が電撃辞任。後任に就いたのは、過去にもクリスタル・パレスを指揮していたベテランのニール・ウォーノック監督だったが、案の定、開幕直前に混乱に巻き込まれたチームはシーズンが始まってから苦しい戦いを強いられることとなった。11月23日に第12節でリヴァプールを倒した後は、勝利から遠ざかって順位を下げていき、12月26日のボクシングデーに行われた第18節サウサンプトン戦でも敗北。降格圏の18位から抜け出せず、翌日に監督交代。すると、この決断が吉と出る。

 後任に就いたアラン・パーデューの下で、チームはどんどん順位を上げた。ローン先から戻ってきたイングランド国籍のFWグレン・マレーが相変わらずの決定力で17試合7ゴールの活躍。さらに同MFジェイソン・パンチョンや元コンゴ民主共和国代表FWヤニック・ボラシーといった攻撃陣が躍動し、最終的に10位でシーズンを終えて見せた。

■2位:ボルトン(1995-96)

時期:1996年1月2日
ロイ・マクファーランド
 やはり30年前の方がクラブ首脳陣も忍耐強かったようで、シーズン最初の監督交代が年明けだったのは過去2度しかないが、どちらもプレミアリーグ発足から4シーズン以内のこと。その1つが1995-96シーズンで、監督交代の第1号は1996年1月2日のことだった。

 1995-96シーズン、ボルトンは16シーズンぶりにトップリーグに返り咲くも、チームを昇格に導いたブルース・リオク監督をアーセナルに引き抜かれてしまい、ロイ・マクファーランドを監督に据えてプレミア初挑戦に臨んだ。しかしチームは最下位で新年を迎え、1月2日に監督交代を決断。とはいっても、当時のボルトンは共同監督のような2人体制をとっていたため、マクファーランドがクラブを去った後は、もう1人のコリン・トッドがチームを指揮。結局、チームはなかなか浮上できずに最下位で降格の憂き目に遭った。

■1位:チェルシー(1992-93)

時期:1993年2月15日

イアン・ポーターフィールド

イアン・ポーターフィールド


 プレミアリーグの歴史において、最もシーズン最初の監督交代が遅かったのは創設初年度のことだ。1992-93シーズン、イアン・ポーターフィールド体制で記念すべきプレミアリーグ初年度を戦っていたチェルシーは、途中まで優勝争いに絡めるほど上位につけていた。

 しかし、12月の途中からは2カ月間も勝てない日々が続いた。プレミアリーグ11試合未勝利と苦しみ、1993年2月15日に監督交代に踏み切った。そしてポーターフィールド監督に代えてクラブOBのデイヴィッド・ウェブを暫定監督に据えたのである。これが1992-93シーズンに発足したプレミアリーグにおける史上初の監督交代であるとともに、最も遅い「監督交代のシーズン第1号」となっている。

(記事/Footmedia)

【PR】プレミアリーグ観るなら
U-NEXT「SPOTV NOWパック」で!

U-NEXTが提供する「SPOTV NOWパック」とは、U-NEXTと契約することでSPOTV NOWが視聴できるお得なプランになります。

U-NEXT「SPOTV NOW」パック

ポイント利用で実質月額800円に!

月額2,000円ですが、U-NEXT会員には毎月1,200ポイント(1,200円相当)が付与されるため、ポイント利用によってU-NEXTのコンテンツと合わせてお得に楽しむことができます。

プレミアリーグセリエAのほか、U-NEXTが提供するラ・リーガなど注目リーグの試合を視聴可能です。

  1. U-NEXTの「SPOTV NOWパック」なら広告なし! TV視聴も可能!
  2. 見放題のエンタメ作品数NO.1を誇るU-NEXTでプレミアリーグ&エンタメを堪能!
  3. U-NEXT&「SPOTV NOWパック」ではラ・リーガやセリエAなども楽しめる!

【PR】「ABEMA」なら
プレミアリーグが無料視聴可能!

ABEMA

「ABEMA」とは、好きな時間に好きな場所で、話題の動画を楽しめる新しい未来のテレビ。登録不要でプレミアリーグを含む様々なコンテンツが無料で視聴できます。

ただし、プレミアリーグの無料配信は一部(毎節3試合予定)のため、しっかり堪能するなら「ABEMAプレミアム」月額960円(税込)への加入がおすすめ。

  1. ABEMAプレミアムなら注目カードが確実に視聴可能!
  2. 追っかけ再生、見逃し配信などうれしい機能が充実!
  3. 初めてABEMAプレミアムに登録する方は2週間無料!

By Footmedia

「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

SHARE

RANKINGシェフィールド・ユナイテッドのニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO