FOLLOW US

VARに嫌われている? チェルシーDFコルウィル「何をしたのかわからないけど…」

2023.12.08

チェルシーでプレーするコルウィル [写真]=Getty Images

 チェルシーに所属するイングランド代表DFレヴィ・コルウィルが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)判定への不満を口にした。7日、イギリス紙『イブニング・スタンダード』が伝えている。

 チェルシーは6日に行われたプレミアリーグ第15節でマンチェスター・ユナイテッドと対戦。この試合に初めてキャプテンマークを巻いて先発出場した下部組織出身のコルウィルだった(後半開始からは途中出場のリース・ジェームズがキャプテンマークを巻いていた)が、69分にはスコット・マクトミネイに決勝点を許すなど、試合は1-2の敗戦に終わった。

 しかし、勝ち越しゴールを決められた際、マクトミネイとの接触から倒されて競り合うことができていなかったコルウィルは、審判にファウルがあったことを主張。それでも、VARによる確認の結果、判定は覆らず、そのまま得点が認められていた。

 3日に行われた第14節のブライトン戦では明らかに顔面にボールが当たっていたものの、一時はPKと判断される事態にもなっていたコルウィル。これはVARで確認した結果、PK取り消しとなっていたが、同選手は最近の判定が自身に不利な点があると感じていることを明かした。

「VARは今、僕に対して何かをしている。僕が彼らに何をしたのかはわからない。でも、ブライトン戦ではPKを与えようとしたし、今度は(マクトミネイに)引っ張られたけど、彼らは何も与えなかった。もし、僕が彼をあのように引っ張っていたら、PKが与えられていただろうね。それが現実だ」

「イライラする夜だった。僕たちにはチャンスがあったし、それを決めていたら、試合は大きく違うものになっていただろう。でも、それが試合の一部であり、僕たちは週末(10日)に行われるエヴァートン戦に向けて前進していくつもりだよ」

レヴィ・コルウィルの関連記事

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

RANKINGレヴィ・コルウィルのニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO