2015.02.26

“メッシのPKを止めたいなら左に飛べ”…13回失敗の内7本が左でセーブ

メッシのPKを左に飛んでセーブしたマンCのGKハート [写真]=FC Barcelona via Getty Images

 バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシのPKを止めたいのならば「ゴールキーパーは左に飛べ」とスペイン紙『マルカ』が25日に伝えている。

 バルセロナは、24日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグでマンチェスター・Cと対戦し2-1で勝利。メッシは、後半ディショナルタイムにPKを手にしたが、マンチェスター・Cのイングランド代表GKジョー・ハートに止められてしまい追加点獲得とはならなかった。

 メッシはこれまでにバルセロナで13本のPKを失敗している。その内2本は枠を外れ、2本はクロスバーもしくはポストに当たり、9本はゴールキーパーのセーブに遭っている。ゴールキーパーがセーブした9本のうち、実に7本はゴールキーパーから見て左に飛んだ時にセーブされた。今はバルセロナのチームメイトであるドイツ代表GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンも、アルゼンチン代表との親善試合の時に左に飛び、メッシのPKをセーブしている。

 ゴールキーパーにセーブされた9本のうち、当時ビジャレアルに所属していた元スペイン代表GKディエゴ・ロペス(現ミラン所属)とレクレアティーボに所属していたスペイン人GKアシエル・リエスゴ(現オサスナ所属)だけ右に飛んでメッシのPKをセーブ。その2本以外は、ハートやバレンシアのブラジル人GKジエゴ・アウヴェスらは左に飛んで、メッシのPKをセーブしている。

 また、イギリス紙『デイリーメール』によると、メッシは今シーズンのクラブの公式戦で6度のPKを行い3本を失敗。クラブと代表も含めたここ10回のPKでは、5回失敗でいずれも成功率は50パーセントとなっている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
フィオレンティーナ
10pt
サッスオーロ
10pt
欧州順位をもっと見る