FOLLOW US

板倉滉「自分のミスで負けたのは明らか」…自身を“敗因”に挙げ、再出発を誓う「このままでは代表のピッチに立つ資格はない」

2024.02.04

 日本代表は3日、「AFCアジアカップカタール2023」の準々決勝でイラン代表と対戦し、1-2で敗戦。試合後、決勝点につながるPKを献上した日本代表DF板倉滉が「敗因は自分にある」と自らを戒めた。

 日本は28分に守田英正のゴールで先制に成功したものの、リードして迎えた後半にセカンドボールを拾われたところから最後は板倉滉の裏をとられて失点。さらにアディショナルタムには、自陣ボックス内で板倉がハイボールの処理を誤り、さらにルーズになったボールをクリアしようとしたところ、背後から走り込んできた選手を倒してPKを献上。これが決勝点となり、日本はベスト8で姿を消すことになった。

 アジアカップからの敗退という結果を受け、板倉は「本当に申し訳ない気持ち。チームメートにも、日本から応援してくれている人もたくさんいたと思う。きょうの敗因は自分にあると思うし、センターバックの自分がもっと良いパフォーマンスをしていれば勝てたと思う。非常に申し訳なく思っています」とコメント。敗戦の責任を自ら被り、悔しさを滲ませた。

 PKを献上した場面に関しては、「まず、1個前の時点でクリアできれば良かったという思いはある」と述べ、ハイボールを頭でクリアできなかった部分を反省。さらに、その後に足をかけてしまった場面については、「後ろから走ってきた相手が見えていなかった視野の狭さを反省しないといけない。ギリギリで声は聞こえたけど、後ろの状況を把握できていない中でボールにいく選択をして、触ることができなかった。こぼれたボールしか見えていなかった」と続け、状況を把握できていなかったと自戒した。

 また、24分という早い時間帯にイエローカードを受けてしまったことにも言及。その警告が「自分を難しくしてしまったのはあると思う」と述べつつ、試合を通して「局面で戦えていなかった」と反省。「最後の失点も、その前の失点も自分のところから。責任を感じています」と続け、55分に裏をとられてゴールを許した場面についても責任を背負い込んだ。

 さらに、板倉は「こんなに自分自身でゲームを壊すことは今までなかった。それを勝たないといけない状況でやってしまったのは、自分の力のなさが出たということだと思う。より一層サッカーに向き合って、もっとやっていかないといけない。このままだと代表のピッチに立つ資格はないなと感じた。ここから頑張ります」と厳しい言葉を並べ、「自分のミスで負けてしまったのは明らか。またドイツに持ち帰ってやりたい」と、全てを受け入れた上でのリスタートを誓った。

【PR】「DMM×DAZNホーダイ」で
U−23日本代表を応援!

「DMM×DAZNホーダイ」とは、DMMプレミアムとDAZN Standardをセットで利用できるプラン。

単体契約ならDMMプレミアム月額550円(税込)、DAZN Standard月額4,200円(税込)のところ、本プランなら月額3,480円(税込)だからとってもお得です。

  1. 「DMM×DAZNホーダイ」なら単体契約より月額1,270円(税込)も安い!
  2. DAZNだけの契約と比較しても月額720円(税込)お得に楽しめる!
  3. 新規入会月から最大3カ月間、「DMMポイント」を550ポイント付与!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING板倉滉のニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO