FOLLOW US

欧州とアジアの違いに難しさ…森保監督「選手への声のかけ方」の変更も検討

2024.02.04

日本代表森保一監督[写真]=ムツ カワモリ

 日本代表は2日、AFCアジアカップカタール2023・準々決勝でイラン代表と対戦し、1対2で敗れた。試合後、日本代表の森保一監督が報道陣からの質問に答えた。

 今大会の日本代表は、ベスト8敗退という結果に終わった。グループステージではイラク、決勝トーナメントではイランと、中東のチームに敗れての敗退になったが、森保監督は「アジアの戦いで、ピッチ状態であったり、対戦相手の我々に対する警戒が非常に強くて、対策が厳しかったとは感じています。そして、カタールで中東勢と戦うのは非常に難しいと感じました」と率直な思いを語った。

 そして、「この日本への対策を乗り越えていけるように、戦術的なところもそうですし、相手がモチベーション高く、死に物狂いで戦ってくるなかで、我々もさらに必死になって、常に覚悟をもって戦う必要があると感じています」と話していた。

 準々決勝の試合後、センターバックで日本の守備を支えた冨安健洋は、フラッシュインタビューで、「熱量だったり、ピッチ上での振る舞いも含めて、もっともっとやらないといけないし、戦わないといけない。その熱量のところは、僕も含めて、今日の試合の後半は特に感じることができなかったと思います」と語り、『熱量不足』を敗因の一因として挙げていた。

 森保監督は冨安の意見について、「スタートの段階では、ヨーロッパで戦っている選手の日常とアジアでの戦いのギャップの中で、アジャストしていかないといけない部分は、モチベーションという意味でもプレーの選択という意味でも出ていたと思いますが、試合を重ねるごとに改善されていったと思います」と、モチベーションでは問題なかったと言いつつも、「ただ、相手の熱量よりもさらに熱量を上げないといけないという部分においては、もっともっと私自身も、選手が熱量を上げていけるような働きかけを、環境づくりも含めて行っていきたいと思います」とコメント。

 つづけて、「ヨーロッパと日本では文化の違いがあって、選手への声のかけ方が全然違うことは、代表選手たちを指導していて感じるところはあります。そこは、日本の良さもありますけど、海外でプレーする選手たちの日常の熱量と合わせていく部分は考えていかないといけないかなと思います」と語り、「口調の強さやどれだけ強い言葉を使うか」も考えていきたいと話した。

 冨安は今大会の公式記者会見で「僕たちから仕掛けて叩きのめす気持ちでやりたい」など、比較的強い言葉を使用することがあった。森保監督もそれが欧州のスタンダードだと認識しているようで、「記者会見での冨安の発言を聞いてもわかると思いますが、(あのくらいが)まさに日常だと思いますし、そういうところかなと思います」と、“熱量”を高める工夫をしていきたいと課題に挙げた。

【PR】「DMM×DAZNホーダイ」で
U−23日本代表を応援!

「DMM×DAZNホーダイ」とは、DMMプレミアムとDAZN Standardをセットで利用できるプラン。

単体契約ならDMMプレミアム月額550円(税込)、DAZN Standard月額4,200円(税込)のところ、本プランなら月額3,480円(税込)だからとってもお得です。

  1. 「DMM×DAZNホーダイ」なら単体契約より月額1,270円(税込)も安い!
  2. DAZNだけの契約と比較しても月額720円(税込)お得に楽しめる!
  3. 新規入会月から最大3カ月間、「DMMポイント」を550ポイント付与!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングなど、サッカーにまつわるあらゆる情報を提供している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING日本代表のニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO