FOLLOW US

C大阪が首位浮上! 王者に屈した町田は3位へ後退…“東京ダービー”は劇的な幕切れ/J1第8節

2024.04.13

J1第8節の8試合が13日に行われた [写真]=兼子愼一郎、金田慎平、清原茂樹、三浦彩乃

 2024明治安田J1リーグ第8節の8試合が13日に行われた。

『国立競技場』ではFC町田ゼルビアヴィッセル神戸が激突。王者・神戸は山内翔のプロ初ゴールで先制すると、89分に武藤嘉紀が豪快な一撃でリードを広げる。試合終盤に1点を返されたものの、逃げ切った神戸が町田に今季2敗目をつけた。


 サンフレッチェ広島は敵地でアビスパ福岡と対戦。22分に福岡の先制を許したものの、直後にコーナーキックから佐々木翔が試合を振り出しに戻す。しかし、福岡の泥臭い守備に阻まれて逆転の1点は奪えず、1-1のドローに終わった。

 そして、セレッソ大阪はレオ・セアラの3試合連続となるゴールを守り抜き、川崎フロンターレを1-0で撃破。勝ち点を「18」に伸ばしたC大阪は、勝ち点「16」の広島と町田をかわして単独首位に浮上した。

 J1で16年ぶりに実現した“東京ダービー”は、東京ヴェルディが28分に見木友哉のPK成功で先制すると、33分には染野唯月の見事なボレーシュートがさく裂し、ホームチームが2点を先行する。FC東京は2点を追いかける展開で43分に退場者を出し、窮地に追い込まれる。それでも、68分に遠藤渓太がカウンターを仕上げて1点を返すと、GK波多野豪も好セーブ連発で可能性を繋ぐ。そして試合終了間際、ペナルティエリア手前から遠藤が繰り出したミドルシュートがゴールに突き刺さり、FC東京が土壇場で追いつき2-2で決着した。

 横浜F・マリノス湘南ベルマーレとの“神奈川ダービー”で2-2のドロー。21分に初先発の塩貝健人がJ1初ゴールで先制点を挙げたものの、41分に追いつかれる。48分にはナム・テヒもJ1初ゴールを挙げて勝ち越した横浜FMだったが、終盤に再び追いつかれ、連勝を逃した。湘南は連敗を「3」で止めた。

 ジュビロ磐田との“東海ダービー”に臨んだ名古屋グランパスは、8分に倍井謙のJ1初ゴールが生まれて先制。その後、倍井が退場して数的不利となったものの、10人で1点リードを守り抜き、5戦負けなしとなった。

 鹿島アントラーズはルーキー濃野公人が終盤にJ1初ゴールを挙げ、京都サンガF.C.を撃破。3試合ぶりの勝利を挙げた。北海道コンサドーレ札幌アルビレックス新潟に追いつかれて1-1のドローとなり、連勝とはならなかった。

 今節の試合結果と暫定順位表、次節の対戦カードは以下のとおり。

■第8節

▼4月12日(金)
柏レイソル 1-0 浦和レッズ

▼4月13日(土)
横浜F・マリノス 2-2 湘南ベルマーレ
アルビレックス新潟 1-1 北海道コンサドーレ札幌
ジュビロ磐田 0-1 名古屋グランパス
アビスパ福岡 1-1 サンフレッチェ広島
鹿島アントラーズ 1-0 京都サンガF.C.
FC町田ゼルビア 1-2 ヴィッセル神戸
セレッソ大阪 1-0 川崎フロンターレ
東京ヴェルディ 2-2 FC東京

▼4月14日(日)
15:00 ガンバ大阪 vs サガン鳥栖

■暫定順位表

※()内は勝ち点/得失点差

1位 C大阪(18/+7)
2位 広島(16/+9)
3位 町田(16/+4)
4位 神戸(14/+7)
5位 横浜FM(14/+3)
6位 鹿島(13/+2)
7位 柏(13/+1)
8位 名古屋(13/0)
9位 FC東京(12/+1)
10位 浦和(11/+1)
11位 福岡(10/-1)
12位 磐田(9/0)
13位 G大阪(9/-1)
14位 新潟(9/-2)
15位 東京V(8/-1)
16位 川崎F(7/-1)
17位 湘南(6/-5)
18位 京都(6/-5)
19位 札幌(5/-11)
20位 鳥栖(4/-8)

■第9節の対戦カード

▼4月20日(土)
14:00 札幌 vs 広島
14:00 横浜FM vs 柏
14:00 京都 vs 新潟
14:00 鳥栖 vs 鹿島
15:00 湘南 vs 神戸
15:00 福岡 vs 磐田
16:00 浦和 vs G大阪
16:00 川崎F vs 東京V

▼4月21日(日)
15:00 FC東京 vs 町田
15:00 名古屋 vs C大阪

【PR】欧州の強豪が来日!
EUROJAPAN CUP 2024チケット販売中!!

7月24日、EUROJAPAN CUP 2024でセレッソ大阪とボルシア・ドルトムントが対戦する。ボルシア・ドルトムントは7年ぶり4回目の来日だが、関西で試合を行うのは今回が初めてだ。また、迎え撃つセレッソ大阪には、かつてボルシア・ドルトムントでプレーした香川真司が在籍中。今夏注目の“夢の邂逅”を見逃すな!

  1. 今夏のアジアツアーにおいてボルシア・ドルトムントが日本で行う試合はこの1戦のみ
  2. お求めやすい価格設定! (例:カテゴリー5自由席 大人6900円・小中2500円)
  3. かつてボルシア・ドルトムントで活躍した香川真司が“古巣戦“に挑む!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

RANKING北海道コンサドーレ札幌のニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO