FOLLOW US

未勝利のチームを救ったのは“象徴”MF宮澤裕樹! 最下位札幌、G大阪を下して待望の今季初白星

2024.04.06

決勝点を挙げたMF宮澤裕樹 [写真]=J.LEAGUE via Getty Images

 2024明治安田J1リーグ第7節が6日に行われ、北海道コンサドーレ札幌ガンバ大阪が対戦した。

 本拠地『札幌ドーム』にガンバ大阪を迎える最下位の北海道コンサドーレ札幌は、第6節終了時点で唯一の未勝利チームに。ミッドウィークの名古屋グランパス戦では、1-1の90分にFW永井謙佑に逆転ゴールを許し、今シーズン初めて先制点を奪った試合だったが、土壇場でひっくり返されていた。対するG大阪は、1試合未消化ながらも2勝3分の6位。7連敗で終えた昨シーズンから一転し、ここまでJ1最小失点数となる『3』と守備面が安定。前線には、3得点1アシストと好スタートを切ったFW宇佐美貴史が“エース”として君臨している。


 試合序盤から保持スタイルを志向する札幌が、ボールを握る展開が続く。その中で、違いを作ったのはMF小林祐希やMF荒野拓馬だった。19分には、その小林がピッチ中央やや右寄りのFKから、相手ゴールを脅かすも、ここはGKの好守に阻まれた。

 対するG大阪は、前から嵌めにくる相手選手を自陣に引き込みながら、その背後のスペースを突いて応戦。また、30分にはFWイッサム・ジェバリのFKがポストを強襲すると、直後のCKからDF福岡将太がゴールネットを揺らす。が、ファーサイドに溢れてきたボールを押し込んだ同選手のポジションがオフサイドだったため、ゴールが取り消された。

 スコアレスで折り返した後半、最初にチャンスを迎えたのはG大阪。MF食野亮太郎がドリブル突破からペナルティエリア内にスルーパスを供給すると、走り込んできたMF坂本一彩が足先でシュートを放つ。しかしここはGKに阻まれ、溢れを拾ったジェバリのシュートも相手DFにブロックされた。

 徐々に主導権を取り返しつつあった札幌は63分、サイド攻撃からチャンスを作ると、セカンドボールを拾った2次攻撃では、荒野の虚を突いた右足のシュートがバーを直撃。ホームの大声援を後押しに、ゴールの予感を漂わせてきた。迎えた73分、ついに“赤黒の勇者”がゴールをこじ上げる。MF浅野雄也とのコンビでペナルティエリア内に侵入したMF長谷川竜也が正確無比のクロスを供給し、最後はクラブ一筋の“アイコン”であるMF宮澤裕樹がヘディングを叩き込んだ。

 その後も攻勢を緩めない札幌は、左サイドで仕掛けるDF菅大輝を中心に、追加点を奪いに前へと出る。82分には、背後のスペースを突かれたところから、ゴールネットを揺らされたが、またしてもオフサイドによりゴール取り消しに。そして試合はこのまま1-0でタイムアップ。札幌が待望の今シーズン初勝利。反対にG大阪の開幕無敗記録は『5』でストップし、クラブ新記録達成には至らなかった。

 札幌は次節、アルビレックス新潟と対戦。G大阪は、未消化分の第3節横浜F・マリノス戦をミッドウィークに挟み、第8節でサガン鳥栖と相見える。

【スコア】
北海道コンサドーレ札幌 1-0 ガンバ大阪

【得点者】
1-0 73分 宮澤裕樹(札幌)

宇佐美貴史の関連記事

【PR】欧州の強豪が来日!
EUROJAPAN CUP 2024チケット販売中!!

7月24日、EUROJAPAN CUP 2024でセレッソ大阪とボルシア・ドルトムントが対戦する。ボルシア・ドルトムントは7年ぶり4回目の来日だが、関西で試合を行うのは今回が初めてだ。また、迎え撃つセレッソ大阪には、かつてボルシア・ドルトムントでプレーした香川真司が在籍中。今夏注目の“夢の邂逅”を見逃すな!

  1. 今夏のアジアツアーにおいてボルシア・ドルトムントが日本で行う試合はこの1戦のみ
  2. お求めやすい価格設定! (例:カテゴリー5自由席 大人6900円・小中2500円)
  3. かつてボルシア・ドルトムントで活躍した香川真司が“古巣戦“に挑む!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

RANKING宇佐美貴史のニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO