FOLLOW US

横浜FM、2度追いつかれ痛恨のドロー…数的不利の湘南は連敗ストップ

2024.04.13

先制点を決めた塩貝健人 [写真]=J.LEAGUE

 2024明治安田J1リーグ第8節が13日に行われ、横浜F・マリノス湘南ベルマーレが対戦した。

 2連勝中で4位につける横浜FMと、3連敗中の5試合未勝利で18位に位置している湘南の“神奈川ダービー”は、21分にショートコーナーの流れから松原健のスルーパスを水沼宏太が粘り強く追って中へと折り返すと、初スタメンの塩貝健人が押し込んでホームの横浜FMが先制に成功した。


 追いかける湘南は41分、敵陣深い位置までボールを運ぶとペナルティアーク付近で混戦となった後、こぼれ球に反応した平岡大陽が反転しながら左足を振り抜いてネットを揺らし、試合を振り出しに戻した。

 後半に入り、48分に小池裕太が強烈なシュートを放つと、GK馬渡洋樹が弾いたところに反応したナム・テヒが流し込み、再び横浜FMが勝ち越しゴールを挙げた。

 73分には最終ラインを突破しかけたアンデルソン・ロペスを大岩一貴が倒してしまい、一度はイエローカードが提示されたものの、オンフィールド・レビューの結果、レッドカードが提示され退場に。数的不利となった湘南だが、80分に福田翔生が右足で同点ゴールを奪い、10人ながら追いつくことに成功した。

 試合はこのまま終了。“神奈川ダービー”は2-2のドローに終わった。

【スコア】
横浜F・マリノス 2-2 湘南ベルマーレ

【得点者】
1-0 21分 塩貝健人(横浜F・マリノス
1-1 41分 平岡大陽(湘南ベルマーレ
2-1 48分 ナム・テヒ(横浜F・マリノス
2-2 80分 福田翔生(湘南ベルマーレ

【PR】欧州の強豪が来日!
EUROJAPAN CUP 2024チケット販売中!!

7月24日、EUROJAPAN CUP 2024でセレッソ大阪とボルシア・ドルトムントが対戦する。ボルシア・ドルトムントは7年ぶり4回目の来日だが、関西で試合を行うのは今回が初めてだ。また、迎え撃つセレッソ大阪には、かつてボルシア・ドルトムントでプレーした香川真司が在籍中。今夏注目の“夢の邂逅”を見逃すな!

  1. 今夏のアジアツアーにおいてボルシア・ドルトムントが日本で行う試合はこの1戦のみ
  2. お求めやすい価格設定! (例:カテゴリー5自由席 大人6900円・小中2500円)
  3. かつてボルシア・ドルトムントで活躍した香川真司が“古巣戦“に挑む!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

RANKING横浜F・マリノスのニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO