FOLLOW US

横浜FC、20歳DF杉田隼が練習中に負傷…左肩前方脱臼で全治6〜8週間

2024.02.27

横浜FCがDF杉田隼の負傷を発表

 横浜FCは27日、DF杉田隼の負傷について発表した。

 クラブの発表によると、杉田は今月17日(土)に行われたチーム練習にて負傷し、左肩前方脱臼と診断されたとのこと。全治期間については受傷日から6〜8週間と伝えられている。


 2004年1月9日生まれで現在20歳の杉田はセンターバック(CB)を主戦場とするプレーヤー。横浜FCの下部組織出身で2022年にトップチーム昇格を果たした。初年度は天皇杯で2試合に出場すると、昨シーズンはFC岐阜へレンタル移籍。明治安田生命J3リーグ(現:明治安田J3リーグ)で7試合に出場し、シーズン終了後に横浜FCへ復帰した。

 なお、1年でのJ1復帰を目指す横浜FCは24日に行われた2024明治安田J2リーグ開幕節でレノファ山口FCと対戦し、1-1のドローに終わっている。

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングなど、サッカーにまつわるあらゆる情報を提供している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

SOCCERKING VIDEO