FOLLOW US

“盾”の福岡と“矛”の札幌、白熱の開幕戦は両者譲らずスコアレスドロー

2024.02.24

アビスパ福岡と北海道コンサドーレ札幌が対戦した [写真]=J.LEAGUE via Getty Images

 2024明治安田J1リーグ第1節が24日に行われ、アビスパ福岡北海道コンサドーレ札幌が対戦した。

 昨季のJリーグYBCルヴァンカップを制した福岡は、5年目を迎えた長谷部茂利監督が築き上げた堅守をベースに、さらなる飛躍を目指す1年となる。数名の主力を引き抜かれた影響は懸念材料だが、エースの紺野和也岩崎悠人ら新戦力の働きに期待が寄せられる。一方、ペトロヴィッチ監督の就任7年目、超攻撃的サッカーを継続する札幌は、昨季の主力組に混じって新加入の近藤友喜が開幕スタメン入り。2020年以来の復帰を果たした鈴木武蔵は、ベンチから再デビューを待つ。


 序盤はホームの福岡が主導権を握る展開に。中盤で札幌の攻撃をせき止めつつ、右の紺野を中心に速攻と遅攻を織り交ぜてゴールを目指す。両者通じて最初の決定機は23分、福岡が敵陣でのボール奪取から速攻に転じ、紺野がゴール前へ走り込んだ岩崎へラストパス。岩崎は左足でゴール右下を狙ったが、惜しくも枠を捉えられなかった。

 試合はスコアレスで後半へ。前半思うようにチャンスを作らせてもらえなかった札幌は、後半に入ってから鈴木や浅野雄也ら攻撃的カードを次々に投入。67分にはペナルティエリア右でパスを受けた浅野が右足を振り抜いたものの、シュートは枠を外れた。

 その後も強度の高い攻防が続くなか、福岡は78分に決定機到来。ウェリントンがハイボールを頭で落とし、岩崎がボレーシュートでゴール右下を狙ったが、相手GK菅野孝憲に防がれた。

 福岡の足が止まることも増えてややオープンな展開となった終盤、福岡は新加入の松岡大起とバンディエラの城後寿、札幌はともに新戦力の田中克幸と長谷川竜也を投入する。88分には長谷川がペナルティエリア内で右足を振ったが、シュートは相手GK永石拓海の正面。札幌は徐々に圧力を強めるものの、福岡の抵抗に阻まれてゴールが遠い。

 試合は最後まで得点が生まれないまま終了し、両者勝ち点「1」ずつを分け合った。次節、福岡は3月1日に敵地で横浜F・マリノスと、札幌は同2日に敵地でサガン鳥栖と対戦する。

【スコア】
アビスパ福岡 0-0 北海道コンサドーレ札幌

【スターティングメンバー】
▼福岡(3-4-2-1)
永石拓海井上聖也奈良竜樹田代雅也前嶋洋太重見柾斗(85分 松岡大起)、前寛之小田逸稀(62分 湯澤聖人);紺野和也(68分 金森健志)、岩崎悠人ウェリントン(85分 城後寿

▼札幌(3-4-2-1)
菅野孝憲馬場晴也岡村大八中村桐耶(60分 青木亮太);近藤友喜(60分 浅野雄也)、荒野拓馬宮澤裕樹(50分 鈴木武蔵)、菅大輝駒井善成(85分 田中克幸)、スパチョーク小林祐希(85分 長谷川竜也

【PR】欧州の強豪が来日!
EUROJAPAN CUP 2024チケット販売中!!

7月24日、EUROJAPAN CUP 2024でセレッソ大阪とボルシア・ドルトムントが対戦する。ボルシア・ドルトムントは7年ぶり4回目の来日だが、関西で試合を行うのは今回が初めてだ。また、迎え撃つセレッソ大阪には、かつてボルシア・ドルトムントでプレーした香川真司が在籍中。今夏注目の“夢の邂逅”を見逃すな!

  1. 今夏のアジアツアーにおいてボルシア・ドルトムントが日本で行う試合はこの1戦のみ
  2. お求めやすい価格設定! (例:カテゴリー5自由席 大人6900円・小中2500円)
  3. かつてボルシア・ドルトムントで活躍した香川真司が“古巣戦“に挑む!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

RANKING永石拓海のニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO