FOLLOW US

横浜FMが完勝、敗戦の川崎Fと勝ち点差「8」に…最速で次節に優勝決定/J1第31節

今季の厚別ラストマッチで川崎Fを破った札幌 [写真]=金田慎平

 明治安田生命J1リーグ第31節の8試合が1日に行われた。

 首位横浜F・マリノスは水沼宏太の2ゴールなど4点を奪い、名古屋グランパスに完封勝利。勝ち点を「62」に伸ばした。一方、2位川崎フロンターレは北海道コンサドーレ札幌とのシーソーゲームを3-4で落とし、川崎Fの勝ち点「54」は変わらず。両者は残り試合数「4」で勝ち点差「8」となった。次節、横浜FMが勝利し、川崎Fが引き分け以下に終わった場合、横浜FMは3シーズンぶりのリーグ優勝が決定する。

 ヴィッセル神戸は小林祐希の加入後初ゴールでアビスパ福岡との直接対決を制して3連勝。セレッソ大阪と対戦した湘南ベルマーレは終盤に先制を許したものの、土壇場で追いつき勝ち点「1」を積み上げた。

 京都サンガF.C.は17分に豊川雄太が挙げた1点を守り切り、サガン鳥栖を撃破。勝ち点を「33」に伸ばしてプレーオフ圏から脱出した。ガンバ大阪は柏レイソルとスコアレスドローに終わり、今節での自動降格圏脱出とはならなかった。

 サンフレッチェ広島は森島司の1ゴール1アシスト、満田誠の2ゴールなどで浦和レッズに4-1の快勝。浦和はJリーグデビューとなったブライアン・リンセンがアシストを記録したものの、公式戦5試合未勝利となった。

 敵地で鹿島アントラーズと対戦したFC東京は、84分に安部柊斗が豪快なミドルシュートを突き刺して先制。このJ1通算1000得点目が決勝点となって勝利した。敗れた鹿島は6戦未勝利となった。

 清水エスパルスvsジュビロ磐田の“静岡ダービー”は台風15号の影響で延期となり、22日に代替開催が予定されている。

 今節の試合結果と順位表、次節の対戦カードは以下の通り。

■J1第31節

▼10月1日(土)
セレッソ大阪 1-1 湘南ベルマーレ
アビスパ福岡 0-1 ヴィッセル神戸
鹿島アントラーズ 0-1 FC東京
サンフレッチェ広島 4-1 浦和レッズ
サガン鳥栖 0-1 京都サンガF.C.
北海道コンサドーレ札幌 4-3 川崎フロンターレ
名古屋グランパス 0-4 横浜F・マリノス
ガンバ大阪 0-0 柏レイソル

▼10月22日(土)
16:00 清水エスパルス vs ジュビロ磐田

■順位表

※()内は勝ち点/得失点差

1位 横浜FM(62/+33)※1試合未消化
2位 川崎F(54/+18)※1試合未消化
3位 広島(54/+16)
4位 C大阪(49/+11)※1試合未消化
5位 鹿島(47/+4)
6位 FC東京(46/+3)※1試合未消化
7位 柏(46/+1)
8位 鳥栖(41/+5)
9位 浦和(40/+11)※1試合未消化
10位 名古屋(39/-7)
11位 札幌(38/-11)※1試合未消化
12位 神戸(34/-8)※1試合未消化
13位 京都(33/-6)※1試合未消化
14位 清水(32/-7)※1試合未消化
15位 湘南(32/-13)※1試合未消化
16位 福岡(31/-11)
17位 G大阪(30/-15)
18位 磐田(24/-24)※2試合未消化

■次節の対戦カード

▼10月8日(土)
14:00 札幌 vs 福岡
14:00 川崎F vs 清水
14:00 横浜FM vs G大阪
14:00 磐田 vs 鹿島
14:00 京都 vs 名古屋
14:00 神戸 vs 広島
15:00 浦和 vs 鳥栖
15:00 FC東京 vs 湘南
16:00 柏 vs C大阪

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO