FOLLOW US

伊藤敦樹の2発で浦和が2試合ぶり勝利! 横浜FMはACL決勝前に手痛い敗戦

2024.05.06

浦和と横浜FMが対戦した [写真]=清原茂樹

 2024明治安田J1リーグ第12節が6日に行われ、浦和レッズ横浜F・マリノスが対戦した。

 波に乗り切れない浦和が、3試合連続でリードを追いつかれてのドローと足踏みが続く横浜FMを『埼玉スタジアム2002』に迎えての一戦。前節から10人を入れ替える大幅なターンオーバーを敢行した横浜FMを相手に、浦和が序盤から押し込む展開となる。ホームチームは中島翔哉の鋭いミドルシュートはサミュエル・グスタフソンのボレーシュートなど複数の決定機を創出。そして42分、流れるようなパスワークで左サイドを崩し、中島がボックス内へパスを供給し、2列目からの飛び出しで伊藤敦樹がパスを受け取る。伊藤は左足で相手GKポープ・ウィリアムの股の間を通してゴールネットを揺らした。


 1点リードで折り返した浦和は、66分に待望の追加点を獲得する。伊藤が敵陣中央でグスタフソンの縦パスを受けると、自らドリブルでペナルティエリア手前まで運ぶ。左足を振り抜き、鋭いシュートをゴール左下へ突き刺した

 ヤン・マテウスや植中朝日らを投入して2点を追いかける横浜FMは、86分に加藤聖がゴール前のこぼれ球を押し込んで1点を返す。加藤はJ1初得点となった。

 試合はこのまま終了し、浦和は2試合ぶりの白星、横浜FMはリーグ戦7試合ぶりの敗戦となった。

 浦和は次節、11日に敵地でアルビレックス新潟と対戦する。横浜FMは同日、AFCチャンピオンズリーグ決勝第1戦でアル・アイン(UAE)とホームで対戦する。

【スコア】
浦和レッズ 2-1 横浜F・マリノス

【得点者】
1-0 42分 伊藤敦樹(浦和)
2-0 66分 伊藤敦樹(浦和)
2-1 86分 加藤聖(横浜FM)

【PR】欧州の強豪が来日!
EUROJAPAN CUP 2024チケット販売中!!

7月24日、EUROJAPAN CUP 2024でセレッソ大阪とボルシア・ドルトムントが対戦する。ボルシア・ドルトムントは7年ぶり4回目の来日だが、関西で試合を行うのは今回が初めてだ。また、迎え撃つセレッソ大阪には、かつてボルシア・ドルトムントでプレーした香川真司が在籍中。今夏注目の“夢の邂逅”を見逃すな!

  1. 今夏のアジアツアーにおいてボルシア・ドルトムントが日本で行う試合はこの1戦のみ
  2. お求めやすい価格設定! (例:カテゴリー5自由席 大人6900円・小中2500円)
  3. かつてボルシア・ドルトムントで活躍した香川真司が“古巣戦“に挑む!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

RANKING浦和レッズのニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO