2012.08.31

吉田麻也、日本人CB初プレミア挑戦…不動のレギュラーを切り崩せ!

 三浦知良がセリエAへ挑戦し、中田英寿がスクデットをつかみ、中村俊輔はスコットランドリーグでMVPに輝いた。さらに香川真司がブンデスリーガ2連覇を達成し、今ではマンチェスター・Uのキーマンとしてイングランドのメディアを騒がすまでになっている。

 

 中盤や前線の選手の活躍が光る欧州日本人選手事情。だが、近年はサイドバックの選手が台頭している。長友佑都がインテルでレギュラーを獲得し、内田篤人はシャルケでチャンピオンズリーグ準決勝まで上り詰めた。酒井高徳、酒井宏樹らも海を渡り、今や日本はサイドバック大国となりつつある。

 

 そして今、“鬼門”となっていたセンターバックのプレーヤーとして、プレミアリーグに挑戦する選手が現れた。VVVフェンロでキャリアを重ね、日本代表の守備の柱として存在感を発揮する吉田麻也だ。

 

 彼はサウサンプトンを残留という目標へ、そして日本サッカーを新たな領域へ、導くことができるのだろうか。

 

文=松岡宗一郎(サッカーキング編集部)
写真=Getty Images

順調なステップアップを遂げた吉田の武器

 

 2007年、名古屋でキャリアをスタートさせた吉田は2010年、VVVフェンロへと活躍の場を移す。センターバックの選手が欧州へ。成功例のない挑戦であり、骨折による離脱の期間も長かったが、復帰後には不動のレギュラーとして定着。日本代表にも選出されるようになり、今やチームに欠かすことのできないプレーヤーとなった。

 

 2011年のアジアカップ準々決勝カタール戦で退場処分を受けるなど、不安定さを指摘されることもあったが、オランダでの日々は吉田を1つ上のレベルへと引き上げることに。

 

 そして吉田が真価を発揮し、サウサンプトンが獲得に踏み切った最大の要因となったかもしれないのが、ロンドン・オリンピックでのパフォーマンスだろう。ディフェンスラインの統率力、左右両足から放たれる正確なフィード、セットプレーでの得点力……。3位決定戦の韓国戦でこそ、ミスから失点してしまったが、大会を通じて示した力はFIFA(国際サッカー連盟)からも「大会が始まってから4試合連続のクリーンシート(失点0)を達成し、このセンターバックのイギリスでの活躍は、年長者の関与に更なる説得力をもたらした」と評価されたほどだった。

 

 セインツ(サウサンプトンの愛称)のナイジェル・アドキンス監督も、「吉田の加入を歓迎するよ。早く彼とともに働きたいね」と話すとともに、獲得の要因について、「彼は両足の精度が高く、フィジカルの強さも持ち合わせている。右、左どちらのセンターバックでもプレーできるだろう」と明かしている。

 

[写真]=千葉格

 

待ち受けるライバルたち

 

 果たして、吉田はサウサンプトンでレギュラーとなり、プレミアリーガーとして成功を勝ち取れるのか。

 

 待ち受けるライバルも、決して楽な相手ではない。開幕からの2試合でセンターバックを任されているのはジョゼ・フォンテとヨス・ホーイフェルト。いずれも昇格の原動力となったプレーヤーだ。

 

 2010年1月、3部リーグとしては破格の約2億円で入団したフォンテは、2年連続で40試合以上に出場。またホーイフェルトも昨シーズンは39試合に出場、7ゴールという高い得点力を示し、いずれも監督から寄せられる信頼は厚い。

 

 ただ、付け入る先がない、というほど高い壁ではないことも事実だろう。サウサンプトンは攻撃時、無闇矢鱈に前線へロングボールを蹴りこむようなチームではない。ショートパスを繋ぎ、ディフェンス陣もビルドアップを必要とされるため、吉田の長所である技術の高さは大きな武器となる。

 

 また、守備面に関してはプレミアのレベルの高さに適応しきれていない部分も。初戦のマンチェスター・C戦ではラインの裏を簡単に抜かれて失点。ウィガン戦でも2失点し完封負けを喫している。

 

 ピッチの上で、日本人が苦しめられる要素であるプレースピードやフィジカルにどれだけ早く順応できるか。その問題を克服できれば、吉田が11分の1のポジションを手にできる可能性は十分だ。

 

「プレミアリーグでのプレーは、子どもの頃からの大きな夢でした」と語った吉田。イングランドの南部・ハンプシャー州に本拠地を構えるクラブには日本代表でチームメートの李忠成も所属している。生活環境への適応といった面は、彼の明るい性格を考えれば造作も無いことだろう。

 

 日本人センターバックとしての初のプレミア挑戦。日本サッカーの将来を担うプレーヤーとして、新たな道を切りひらく“先駆者”として、吉田には大きな期待がかかる。

 

関連記事

 

移籍の吉田にVVVフェンロがエール「ありがとう麻也サン! 幸あれ!」
サウサンプトン加入の吉田「プレミア移籍は子どもの頃からの夢、ベストを尽くしたい」
日本代表DF吉田麻也のサウサンプトン移籍が正式決定
宮市亮ストーリー、積み重ねてきた自信を将来への力に変えて
香川真司がプレミアに参戦!世界最高峰のリーグをチェック!
香川真司に”気づき始めた”英国紳士たち…加熱するシンジへの期待
なでしこ澤穂希が語る!「夢はみるものではなく、かなえるもの」

『2012-2013シーズン プレミアリーグ パーフェクトガイド』

プレミアリーグパーフェクトガイド

2012年8月16日(木)発売
『ワールドサッカーキング』増刊
『2012-2013シーズン プレミアリーグ パーフェクトガイド』
定価:800円(税込)

amazonで購入   試し読み