2012.06.11

[第11回ブラインドサッカー日本選手権]たまハッサーズが2連勝で予選Dを首位突破

 6月9日、味の素スタジアムで第11回ブラインドサッカー日本選手権が行われた。今大会は史上最多の12チームが全国から参戦し、2日間にわたって頂点を目指す戦いが行われる。大会1日目は朝から雨が降り続ける悪天候のもと、各チームが非常に熱いプレーで会場を盛り上げた。

 大会1日目は全12チームが4つのグループ(A、B、C、D)に別れて予選リーグを戦った。この予選リーグの順位ごとに10日、順位決定トーナメントが行われている。

 予選グループCでは、前回大会準優勝チームであるラッキーストライカーズ福岡(福岡県)が2連勝で勝ち点6を獲得し、文句なしの首位通過を果たした。第1戦を3-0、第2戦を1-0と2試合を通じて無失点。安定した試合運びと決定力の高さを見せた。

ブラインドサッカー
素早いドリブル突破からのシュートシーンは迫力満点

 続いて、ラッキーストライカーズ福岡との首位攻防戦で接戦を演じた松戸ウォーリアーズ(千葉県)が1勝1敗で勝ち点3を獲得して2位。3位が2敗で勝ち点0のFCレインボー(長野県)となった。

ブラインドサッカー
壁際での激しいボールの奪い合いはブラインドサッカーならではの見どころ

 予選グループDには、今シーズンの全タイトル獲得という壮大な目標を達成するために今大会に臨む強豪、たまハッサーズ(東京都)が入った。ブラインドサッカー日本代表選手が多く所属しており、今シーズンは関東リーグと1DAYカップで優勝。更には3月に開催された「FIATカルチョ2012」で、世界2位の無敵艦隊スペイン代表チームを破って優勝するなど、その実力に疑いの余地はなく、大会4連覇中のF.C.Avanzareと並ぶ今大会の優勝候補筆頭である。この日も予選グループでは第1戦が3-0、第2戦が1-0と4得点、無失点という隙のない戦いぶりで2連勝し、勝ち点6を獲得。前評判に違わぬ実力を見せた彼らは見事に首位通過を決めた。

 次いで第2戦でたまハッサーズ相手に健闘を見せた兵庫サムライスターズ(兵庫)が1勝1敗で2位。3位が2敗で勝ち点0の山梨キッカーズ(山梨県)となった。

 9日の試合結果は下記のとおり。

[グループA]
・buen cambio 0-0 T.Wings
・大阪ダイバンズ 0-2 buen cambio
・T.Wings 0-1 大阪ダイバンズ

[グループB]
・乃木坂ナイツ 0-2 F.C.Avanzare
・コルジャ仙台FC 0-3 乃木坂ナイツ
・F.C.Axanzare 4-0 コルジャ仙台FC

[グループC]
・松戸ウォーリアーズ 1-0 FCレインボー
・FCレインボー 0-3 ラッキーストライカーズ福岡
・ラッキーストライカーズ福岡 1-0 松戸ウォーリアーズ

[グループD]
・山梨キッカーズ 0-3 たまハッサーズ
・兵庫サムライスターズ 3-0 山梨キッカーズ
・たまハッサーズ 1-0 兵庫サムライスターズ

文・写真=油井孝徳(サッカージャーナリスト養成講座

サッカージャーナリスト養成講座の資料請求はこちらから