2014.07.11

兼子愼一郎のブラジル写真便り(4) 瞳の奥に

兼子愼一郎のブラジル写真便り

 こんにちは。カメラマンの兼子愼一郎です。

 現在、ワールドカップの取材のためブラジルに滞在しています。

 準々決勝のフランスvsドイツとアルゼンチンvsベルギー、準決勝のブラジルvsドイツを取材しました。

▼おしゃれな壁画がマラカナン・スタジアムの近くにありました。
マラカナン
photo by Shin-ichiro KANEKO
▼準々決勝フランスvsドイツ。鶏の人形を持って応援。
フランスサポーター
photo by Shin-ichiro KANEKO
▼準々決勝アルゼンチンvsベルギー。ブラジリアのスタジアムにて。
アルゼンチンサポーター
photo by Shin-ichiro KANEKO
▼試合終了2時間後もスタジアムの外ではミニゲームが白熱。
ブラジリアスタジアム
photo by Shin-ichiro KANEKO
▼チームワークばっちりのアルゼンチンサポーター。
ブラジリアスタジアム
photo by Shin-ichiro KANEKO
▼日が暮れかけてもまだまだ元気です。
ブラジリアスタジアム
photo by Shin-ichiro KANEKO
▼準決勝ブラジルvsドイツの試合前。あと少しでフェイスペイントが完成。
ブラジルサポーター
photo by Shin-ichiro KANEKO
▼女の子の瞳を見て!
ブラジルサポーター
photo by Shin-ichiro KANEKO
▼よく見るとユニフォームは着ていませんね。
ブラジルサポーター
photo by Shin-ichiro KANEKO
▼決勝進出を願うブラジルサポーターたち。残念ながら祈りは届かず。
ブラジルサポーター
photo by Shin-ichiro KANEKO
▼ベロ・オリゾンテの空に白い雲が連なっていました。
ミネイロン
photo by Shin-ichiro KANEKO
(続く)

兼子愼一郎のブラジル写真便り
(1) スタジアムから世界遺産へ
(2) ビーチから声援を
(3) アルゼンチンとブラジル
(4) 瞳の奥に
(5) さよなら、ブラジル

撮影 兼子愼一郎(かねこ しんいちろう) 神奈川県出身。ベースボールマガジン社、ソニーマガジンズ、Jリーグフォトなどの仕事を経て、1998年より『CALCIO2002』や『Jリーグサッカーキング』などフロムワンの媒体全般の撮影に携わる。ワールドカップは3回取材。チャンピオンズリーグ決勝を11回撮影。日本スポーツプレス協会会員。国際スポーツプレス協会会員。サッカージャーナリスト養成講座「カメラマン科」では講師を務め、「サッカーの魅力を伝える」技術を懇切丁寧に教えている。