2014.04.24

ドノヴァンが解任のモイーズを勧誘「アメリカで監督をすればいい」

ドノヴァン
エヴァートン時代のモイーズ監督(左)とドノヴァン(右) [写真]=Getty Images

 日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uは22日、デイヴィッド・モイーズ監督の退団を発表した。

 昨シーズンまでエヴァートンを率いていたモイーズ監督は、アレックス・ファーガソン前監督の勇退を受け、今シーズンからクラブを率いたが、シーズン終了を待たずに解任となった。今後の動向は未定となる中、エヴァートン時代に指導を受けたアメリカ代表MFランドン・ドノヴァンが、「アメリカで監督をすればいいと思う」とメジャーリーグ・サッカーへの誘いを口にした。アメリカ誌『スポーツ・イラストレイテッド』が伝えている。

 現在、ロサンゼルス・ギャラクシーに所属するドノヴァンは、「ロサンゼルスには、ブルース(アリーナ)という優秀な監督がいるから無理だけど、モイーズは素晴らしい監督だ」とコメント。「それに、彼はアメリカのことが好きなんだ。エヴァートン時代や他のチームで監督をしていた時には、プレシーズンにアメリカによく来ていた」と明かした。

「彼の事が大好き」と語るドノヴァンは、モイーズ監督のことを「指揮官としてだけではなく、人としても大好きなんだ。僕に非常によくしてくれて、エヴァートンに移籍させてくれた」と恩師を称賛。「マンチェスター・ユナイテッドの監督として成功することを願っていた。あまり時間をもらえなかったのは残念だね」と解任を残念がったが、「この時代のサッカー界はどこの国でもそんな感じだ。モイーズが、この状態を切り抜けて、また成功するのは間違いないと思っている」と、再起に期待を寄せた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る