2016.10.25

インテルMFメデル、ビデオ判定で3試合の出場停止に 相手選手の顔面を殴打

アタランタMFクルティッチ(奥)の顔面を殴ったと見られているインテルMFメデル(手前) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルのチリ代表MFガリー・メデルに3試合の出場停止処分が下された。イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が24日に報じた。

 メデルは、23日に行われたセリエA第9節のアタランタ戦でスロヴェニア代表MFヤスミン・クルティッチの顔面を左腕で殴打。この行為は、ボールに関与されていないところで行われていたこともあり、審判団に確認されていなかった。しかし、ビデオ判定が行われた結果、セリエAのスポーツ判事は意図的な危険行為であると判断し、メデルに3試合の出場停止処分を下した。

 また、クロトーネ戦で相手のファールに報復行為を行い、一発退場を命じられていたナポリのイタリア代表FWマノーロ・ガッビアディーニに対しては3試合の出場停止処分が科されている。

 アタランタに敗れ、セリエA3連敗で14位に低迷するインテル。次節、26日にトリノをホームに迎える。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
サッスオーロ
10pt
SPAL
9pt
欧州順位をもっと見る