2016.10.25

一時同点弾のインテルFWエデル「僕たちはまだグループになっていない」

エデル
アタランタ戦で一時は同点に追いつくゴールを決めたエデル [写真]=Inter via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエA第9節が23日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルはアウェーでアタランタと対戦し、1-2で敗れた。試合後、FKから一時は1-1の同点とするゴールを叩き込んだイタリア代表FWエデルがイタリアメディア『メディセット』のインタビューに応えた。

「前半をアタランタにプレゼントしてしまったが、後半は良くなった。同点とし、2点目を奪えるようなチャンスを作った。(前節)カリアリに敗れ、僕たちは本当に勝利を欲していたが、成し遂げることはできなかった。自分たちがやらなければならないことをやっていく」と落胆すると「それぞれが自分たちの責任を取らなければならない。僕たちは強いチームだが、まだグループになっていない。改善しなければならないことがたくさんある。シーズン開始の2週間前に監督が代わって、容易ではないことはわかっていた。でも、これは今となっては言い訳でしかない」と続け、チームとして未完成であることを強調した。

「まだミスがあまりにも多い。特に集中力の面でミスが多く、100パーセントの力を出し切れていない。フランク・デ・ブール監督は、それぞれのラインへの突破を防ぐのにアグレッシブなプレーを求めているが、それができなかった。ほぼ全ての指揮官が、各々の戦術的な考えを抱いているが、フォーメーションや戦い方はさておき、まずは懸命にハードワークしなければならない。僕たち選手は、指揮官の考えを理解できるように努めるが、時にそれが果たせない時がある。その理由はわからない」とデ・ブール監督の意図を理解したいと主張している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
フィオレンティーナ
10pt
サッスオーロ
10pt
欧州順位をもっと見る